2021年1月26日 (火)

キャンプシーズン到来だが無観客実施。経済波及効果激減

 朝から晴天、青空の朝を迎えるのは気分的に晴れやかになります。スカッとします。前兼久地区では、火曜日は生ごみの回収日となっています。決められた集積所には恩納村指定のゴミ袋が沢山出されていた。カラス除けの網の中にきちんと並べられていた。今日は珍しく沢山のゴミが出されていた。いつもは、2件くらいだったが、今日は6件も出されていた。カラスの襲撃はゼロでした。

 国会中継だ。国会議員はいいよな。年間の歳費が満額支払われている。新型コロナ関連で会社の倒産や解雇が増えている現実があるが、国会議員自らの歳費を削るなんて議案審議はないのでした。不毛の論議が続いているようにしか見えないのでした。より実効性のある議論と成果を期待したいが、無理かぁ。

 今年も沖縄県内では野球とサッカー等のキャンプが始まる。ただし様変わりは無観客でのキャンプを実施することになっている。無観客とは、文字通りキャンプ見学の観覧はできないとのこと。これまで1月から2月末までのプロスポーツ選手のキャンプの経済波及効果は億単位の金額を記録しているのでした。観客が来沖して宿泊、食事等で沖縄県内にて消費する金額が半端なかった。それが統計上では限りなくゼロになるのでした。

 久米島で合宿していた球団は、久米島でのキャンプを沖縄本島に切替えた。小さな島なので医療崩壊を招かないための処置と説明されている。総勢100名以上の球団関係者や取材陣の来島は新型コロナ感染症の移入感染を増やす可能性があるとのこと判断だった。

 確かに公立の医療機関が一か所ありますが、島の人口をカバーするだけの医療体制なので、無理はできないのでした。すでに宮古島では新型コロナ感染症のクラスターが発生して県立病院では一般外来の診療を中止せざるを得ない状態になった。収容できない患者は沖縄本島に移送されている現実があるのでした。

| | コメント (0)

2021年1月25日 (月)

新型コロナ感染症下での呼気蘇生法のトレーニング方法は

 日中は太陽が顔を出していた。ダウンジャケットでは暑く感じたが、腰を冷やしたくないので羽織っておりました。気温の乱高下は身体によくないのでした。要注意です。

 先々週の11日に延べで100名の酸素講習を実施しました。あれから二週間が経過しました。新型コロナ感染症対策を実施しながらの実技講習でした。とりあえず無事に検疫期間が無事に終了しました。ホッとしています。自分以外の担当してくれた講師に確認を取りました。全員問題なく働いてるとのことでした。

 延べ100名を3グループに分け、1回の授業が90分で、感染防止策は成功した。沖縄県内での感染例については、家族内感染と飲食を伴う会食が主となっているようだ。半分は感染源不明とのことだ。自分等がトレーニングしなければならない人工呼吸やCPRでは、新型コロナ感染症の影響を受けて講習は中止となっているのでした。日赤や消防関係が講習は一切中止しています。

 呼吸停止の場合は、人工呼吸を実施しなければならないが、特に水関連での意識不明呼吸停止者を蘇生させるには人工呼吸が最優先となるのでした。ただ溺水者が新型コロナ感染症の陽性か陰性かは、救助者には判らない。でも、ファーストエイドとしては呼吸停止には人工呼吸が優先とされているのでした。

 5秒に一回か10秒に2回実施。一息の吹込みについては軽く吹込む程度とされているのですが、実際にCPRダミーを使って実際に吹込むトレーニングは必須なのです。でも、吹込みトレーニングを実施するとダミーの口腔内は気道等へのウイルス付着する可能性があります。それを除菌しなければならない。

 ポケットマスクを使う方法もあるが、ポケットマスクには一方弁がついているのでダミーからの感染は理論的に起こり得ないとは思うが、厳密には感染源となる可能性を否定することができないのでした。となるとバックバルブマスクを使って吹込み動作をトレーニングする方法に変更しようと思っています。

| | コメント (0)

2021年1月24日 (日)

外食難民にならないように情報収集中 まだまだ続く感染症の脅威

 沖縄県独自の緊急事態宣言が2月7日まで実施されている。終息宣言が出るか、出ないかは2月7日時点での新型コロナ感染症患者数が減少していればだが、政府の目安は1日500人程度まで減っていることが確認されることが基本らしい。沖縄県の場合は、どうなんだろう。牛丼の吉野家さんでも午後8時までが店内での食事ができるが、それ以降はテイクアウトのみの広報をネットで確認しました。

 その他の飲食店も一斉に午前5時から午後8時までの営業となっている。各店ともにテイクアウトできる商品の販売に力を入れているのでした。営業自粛の穴埋めとしてテイクアウトや昼食のお弁当販売にも拍車をかけていることが判った。

 沖縄県庁では三割出勤に切替えるとのこと。テレワーク対応するとのことでした。ますます県行政のパワーが低下している中で、どこまで実効性が維持できるのだろうか。

 新型コロナウイルス対応で、あらゆる社会活動に制限が出て一年を迎えた。ウイルスが主体だから医療対応と公衆衛生対応で終息を迎えるかなって期待がありましたが、ものの見事に打ち砕かれた。現代の最新科学や医学的な知識を総動員しても解決策が見出せていないのです。ウイルスは紫外線で殺菌されるので夏場を過ぎれば危険な新型コロナウイルスは消滅することができるかと考えたが、実際は消滅どころか感染拡大に拍車がかかった状態になっている。

 ウイルスに抵抗できる医薬品としてワクチン開発が始まり、すでに完成して実際にワクチン接種が始まっている。まだ日本では、海外のメーカーが製造したワクチンの試験が始まっただけ。日本の医薬品メーカー製造の新型コロナワクチンは開発されていません。

 新薬開発には莫大な金額が必要とされるが原資をねん出することができないのだろうか。治験薬では、日本が開発した医薬品の何種類かは、新型コロナ感染症での対症療法の医薬品として使われている。治療経過については、なかなか一般には情報開示されていないのでした。

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

緊急事態宣言を肌で感じました。

 昨晩からの雨降りが心配でしたが、雨が上がっていました。荒れた天候の中での運転を覚悟していたのですが、東風が強く、吹き降ろしでハンドルを取られそうになりました。将来的にダイビングインストラクターに成りたいという問い合わせがあったので、午前中は名護で学生さんとの面談でした。面談場所は、A&Wでした。本来は24時間営業のお店でしたが、午後8時で店内での飲食は終了し、以降はテイクアウトだけの営業との表示を確認しました。名護でも新型コロナ感染症の罹患者数が急増しているのでした。沖縄県独自の2月7日までの緊急事態宣言が発令された影響を肌で感じた次第です。

 週末の土曜日でしたが、交通量は上下線共に交通量が少なく感じました。目的地までは、58号線のバイパスを使って北上しました。許田と名護の間の道路工事も佳境に達しているようで通行止めの表示が出ていました。2月末に集中、2021年夏に完成とのこと。名称は名護東道路4号トンネル。完成後の立体交差とトンネルは走ってみたい。

 東京は雪模様、沖縄は晴れ間が広がりつつあります。寒いが続きましたが、昨晩は暑くて汗をかいておりました。東風で温かく湿った空気を運んで来たおかげでした。扇風機を廻して部屋の空気を強制的に循環させました。

 本部半島の緋寒桜鑑賞の時期ですが、新型コロナ感染症の影響で少ないとニュースが流れていたが、実際58号線を北上したが空いていました。予定よりも10分くらい早く到着することができました。

 面談中に潜水救急ネットワーク沖縄に連絡がありました。久しぶりに1日2本潜った。2本目は減圧停止の指示が出たそうだ。左の中指を曲げ伸ばししたら違和感ありとの内容だった。主訴は、指の付け根の違和感だけだった。水分補給と酸素吸入を指示した。潜水前後の水分補給について確認したが,蒸散排泄の影響もあるのではとも付け加えました。

| | コメント (0)

2021年1月22日 (金)

今日から沖縄全県で時間短縮営業が始まった。

 雨の金曜日。天気予報では、午後から大荒れの天気とのこと。雨風が強くなり雷にも注意が必要で、場合によっては雨量に注意。昨年12月から、ずっと天候不順状態が続いています。特に雨が多く日照時間が短いのでした。折角洗車したばかりですが、雨降りでした。

 今日から沖縄全県にて時短営業が始まる。午後8時にて営業終了。これまでは特定の地域だけだったが全県が対象となるのでした。2月7日までの時間短縮営業と完全休業と別れているのでした。スーパーの食費売り場では営業時間は通常通りの営業を宣言していた。ペンションを経営している知人は完全休業宣言を打ち出したことをfacebookで公開しました。

 爆笑問題の田中さんが、前大脳動脈解離によりクモ膜下出血、脳梗塞で救急搬送された。昨年の8月に新型コロナウイルス感染症で入院して治療を受けたことがあります。なかなか個人の病状についての判断が難しいが、新型コロナ感染症から快復したが、その後遺障害での再発だったのだろうか。一日も早い快復の知らせを待っています。

 新型コロナ感染症の後遺障害については、ある程度は追跡調査が行われているとは思いますが、実際はどうなんだろう。巷では新型コロナ感染症は、風邪症状と同じという認識をもっていたり主張している輩がいますが、現状では、危険極まりないことと感じます。それに感染してから軽症から重症な症状を極めて短時間に呈することも分かっている。治療法については特効薬がないために膨大な医療資源を費やしての治療となります。となれば感染予防が重要になります。

 医療資源とは医療機関、医療者、医薬品、医療機関を支援するその他諸々が含まれるのでした。医療現場での感染防止用の防護衣、マスク、ゴーグル、手袋、アルコール等については国産で、全て賄えることできるのだろうか。一時的に枯渇して簡易型の雨具を利用した防護衣も話題になった。

| | コメント (0)

«アメリカ大統領就任式は寝落ちした。沖縄県独自の緊急事態宣言が施行された。