2019年12月 5日 (木)

アフガンでの銃撃事件

 今日は、沖縄本島でも一番寒い日になっている。小雨が降り続いている。湿度は90%近くまで記録している。北風の洗礼を受けているのでした。大陸からの寒気団の影響が強くなっているのでした。北日本では降雪情報が届いている。青森の酸ヶ湯温泉では80㎝近くの積雪を記録しているのでした。

 昨日発生したアフガニスタンでの中村哲医師への銃撃事件。概要が伝わり始めた。銃撃犯は事前から襲撃を計画していたようだ。銃撃は、最初にボディガードと運転手を銃撃してから中村氏に銃口を向けて胸部を撃った。偶然ではなく最初から中村氏を標的に襲撃を実施したようだ。

 対テロへの認識を変える事案が発生した。アフガニスタンで起きた中村哲医師への銃撃事件だ。タリバンは銃撃には関与していないとのメッセージを早い段階で発した。となるとISの犯行となるのだろうか。彼等にとっては、地元民への貢献なんて関係なく、外国人だからなのだろうか。アフガニスタンでのNGO関係者へのテロで100名近くの犠牲者が出ている現実があるのでした。

 銃撃を受けた場所が首都から遠く離れた地域だった。応急処置をしながらバグラム空軍基地に設置されている軍病院への搬送中に亡くなったとのことでした。アフガニスタンでの救急医療の最先端の野戦病院だった。胸部への銃撃となると肺自体の損傷となると応急処置は、傷口にワセリン軟膏を塗られたガーゼを当てて空気が入らないようにします。

 米軍のファーストエイドキットには、常備されています。以前、払下げ屋で購入した米軍のファーストエイドキットに入っていたことを思い出しました。米軍のファーストエイドマニュアルに、内容物の説明がありました。

 至近距離から自動小銃で銃撃を受けた場合、とくにテロ組織が好んで使う銃器にAK47だと高速弾かもしれないので射出口は、大きく広がることになる。銃弾が入った射入口は、小さいが肺の内部を高速で回転しながら抜けて行くのでした。戦傷の治療に当たる医師もPTSDに襲われるとのことでした。治療する側にも影響を与える銃創なのでした。

 ご遺体が日本に戻ってから警察が再検分することになるのだろうか。それともアフガニスタンにて荼毘に付すのだろうか。合掌。

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

アフガニスタンからの訃報 

 アフガニスタンで人道支援で活動していた中村哲医師が、銃撃を受けて地元の医療機関に搬送されたが16:33に死亡のニュース速報が流れた。タリバンは銃撃を否定している。

 相変わらず首里城火災の原因についての発表はない状態が続いている。一部報道では配電盤に重要な証拠が残っているとのことだったが、その後はプッツリだ。管理責任母体の美ら海財団もダンマリを続けている。県議会の議題にすら上がっていないようだ。責任の所在を不明瞭なままにして幕切れさせたいのだろうと勘ぐってしまうのでした。マスコミもダンマリを続けている。

 再建については国が責任を以って対応することが決まり、県知事も国が設置した再建委員会に出席しているのでした。沖縄県や那覇市が設置している募金には10億円を超えたとのことだが、保険金も支払われるようだが、それたの金額についても未定のままだ。誰も責任をとることがないのだろう。

 ガイドダイバー向けのトレーニングの資料作りをしています。近々には16日と17日に実施する予定です。視覚教材を作成しています。言葉での説明よりもイラストや写真、動画等を盛り込んでいます。今回は救命と救助の二つのテーマでのトレーニングなのでした。様々な潜水指導団体での認定を受けたガイドの集まりなので、水没溺者の水底からの引き上げ方法について、統一的な見解をまとめています。その統一的な見解がないと現場が混乱してしまうのでした。

 CPRでは、水没溺者想定を考えています。内容的には、呼吸停止、意識不明で水面に引き上げて、水面にて人工呼吸を実施、その後、曳航しながら人工呼吸を継続するのでした。水没溺者の場合は、無気肺になっているので早い段階でペシャンコになっている肺に呼気を吹き込んで膨らませます。呼気に含まれる酸素を血液に溶け込ませるのでした。

 少しでも蘇生させるチャンスを与えることを優先するのでした。ボートまたは陸上にて蘇生行為を継続します。その際に医療用酸素を溺者に与えることができれば、ますます蘇生のチャンスが高まるのでした。

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

地震が頻発している。

 この冬一番寒い朝を迎えました。部屋は障子だけカーテンはしていない。午前7時でも薄暗いのでした。一瞬目覚めたが、時計を見るまでは、まだまだ5時位と錯覚していた。 今日はゴミ出しの日。午前9時過ぎに回収に来てくれます。カラス対策のネットの下にゴミ袋を置くのでした。今日も、頭上をカラスが2羽飛んでいた。カラス対策は有効に機能しているのでした。最近は、ゴミ出しマナー違反はなくなった。

 地震情報が続いている。西表島では震度3、東北方面でも震度3、群馬が震源地で震度4、立て続けに茨城でも震度4を記録している。それぞれの震源地の深さは10㎞から60㎞とバラバラだが地震が続いているのは心配だ。とくに西表島および周辺で続く地震は心配な地域だ。島にいるときには、群発地震も経験したし、震度5の直下型地震も経験した。

 島関係で地震が発生した際の一番の心配事は、地震と、ほぼ同時に発生するであろう津波の問題だ。予想されるのは、地震発生と同時に10分から20分位で津波が発生し、島に押し寄せる可能性が指摘されているのでした。先島方面では、竹富島のように平らの島もあれば山岳地帯を有する起伏に富んだ西表や石垣島までと地形も様々だ。

 NHKでは来るべく起きるであろう大規模な直下型地震について再現ドラマを制作して放送している。これまでの被害予想よりも、より現実的な被害状況を再現しているのでした。とくに人口が過度に集中している首都圏を題材にしているのでした。想定被害の中でも新たに起きる可能性がある「群衆雪崩」が描かれている。これは災害想定の中でも初めて聞いた単語でした。人々が折り重なって倒れ込んで多数の死傷者が発生してしまう現象だ。

 これまでは9月1日の防災の日関連で特集があったが、それ以上にインパクトがあった。21世紀になってから台風、洪水、地滑り、地震等の大規模災害が立て続けて発生している現実があるのでした。自分も当事者になる可能性があるので注意します。

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

「ながら運転」罰則が厳しくなりました。

 午前中に那覇にて打ち合わせでした。那覇地区のガイドダイバー向けの救命救護トレーニングの依頼がありまして、そのための打合せでした。

 週明けの月曜日、師走の始まり、交通渋滞を覚悟していましたが、意外にもすんなりと目的地に到着しました。西原インターから一般道が沿道の草刈りで追い越し車線一車線の規制がありました。そのためにインターからは大渋滞でした。実は、石川インターではETC通路が、阿保な一台で閉鎖されていた。ハザードを付けて停止して2分位で回復してゲートを通過した。西原インターでの渋滞を考えたら通行券を取ってゲート通過してもよかったのかもしれません。師走の工事渋滞でした。

 これから、もっと年末年始の道路工事が盛んになる季節に突入したようです。事前の工事渋滞情報は、沖縄での入手方法はどうなんでしょうかね。ラジオの交通情報では、工事渋滞の注意はないのでした。結局は、道路を走っていて渋滞にぶつかるしかないのでした。沖縄自動車道では、電光掲示板に渋滞情報が出るだけでした。工事、落下物、故障車、一般道路渋滞でした。沖縄本島全域の交通情報が欲しいのでした。

 12月1日から「ながら運転」の違反点数や処分内容が、一段と厳しくなりました。携帯電話や携帯端末等を運転中に操作していること。赤信号で停車している最中での操作についてもアウトとのことでした。幾多の交通事故が発生し、車だけでなく自転車に乗りながらの携帯端末を操作して歩行者と衝突して死者まで出ている現実がある。車でも同様だ。携帯端末でのゲームや動画を見ながら運転して交通事故を起している。

 運転者自身の心理では、自分だけは大丈夫という心理が働くのだろうか。厳罰に処することは被害者側からの要望があるのだろう。自分も運転していてびっくりするような「ながら運転」には迷惑したことが多々あります。巻き添えを喰らわないように回避しているが、甚だ迷惑でした。これからは、少しや変わって欲しいとは思います。

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

今日から師走だ。

 NAHAマラソンの朝を迎えた。と言っても、自分は参加していません。晴れ間が広がっているが、気温も徐々に上昇している。熱中症対策が要になりそうだ。自分が水難救助隊課程でトレーニングした消防署員は、メディカルランナーとして参加者と一緒に並走しながら救命活動に従事している。ご苦労様です。

 日本の国会は、野党の議員には呆れてしまうのでした。桜鑑賞の問題を大々的に喧伝して政府を攻めている。それ以外の重要案件がありながら桜鑑賞の問題だけを追求している。極東アジアでは、香港問題、朝鮮半島情勢、韓国情勢、南シナ海問題等の諸問題が山積みになっているが、これらのことは一切審議していないのでした。

 国会運営には莫大な経費が掛かっているが、その経費とは、自分等が支払っている税金から賄われているのでした。対外的な勢力から日本を守るための議論は一切していないのでした。日本国を真剣に守ることを考えているのだろうかって。

 最近、特に気になる事案がある。それは消防関係でのパワハラ問題が、ぼこぼこ各地で発覚している。岐阜県では消防の防災ヘリ基地でのパワハラ問題が発覚した。その影響もあって防災ヘリの運航に支障を来しているのでした。防災ヘリの隊員でも外注のヘリ運航会社の整備士がパワハラ問題の中心となっていることが判明した。

 消防関係は、同一市町村での運用となるので転勤があっても、採用から退職するまでは同じ地域をグルグル回るだけで、先輩は先輩のままで付きまとうことになるのでした。以前、航空関係者から聞いた話ですが、とある警察航空隊での隊員が自殺した事案があるが、それは根本的にはパワハラ問題だった。まだパワーハラスメントが世間に知られる前の話でした。勤務地は、一か所だけなので退職するしかない職場の宿命だったのでした。 逃げ場がない状態でのパワハラ問題。まだまだ深刻な状況は変わりないと思っています。

 今日から師走だ。明日の打合せ用の資料を作成しなければ・・・・。

| | コメント (0)

«100均ショップ売り場、商品構成びっくりした。