« 2005年7月19日のログ記録 | トップページ | 2005年7月20日のログ記録 »

2005年7月19日 (火)

台風一過だぁ 本格的な晴れ間はない

先島諸島では、ようやく強風域を脱したとのこと。長い時間暴風雨に曝された。夏の観光シーズンでの台風被害は地元ばかりか巻き込まれた観光客まで大変な苦労を経験することになるのでした。旅先で台風に遭遇した方々は次回の旅行には台風のことが脳裏をかすめるかな。場合によっては沖縄には行かないってこともある可能性があるのでした。恩納村では、まだ那覇のダイビングサービスが潜りに来ていました。
 いつも台風情報の中に停電のニュースが当然の如く報道されます。ただいま、何々島の何々地区の何百世帯とか何千世帯で停電しています。復旧には暴風雨が収まってからという表現です。これは当たり前なのだろうが、送電線の地中化計画を実行しないのだろうかって。ある島では地中化の工事が始まるってお話だ。全ての島々で電線の地中化は経費的に割高になるのだろう。できる地域と不可能な地域が出現することになりそうだ。台風が襲来する、予報は確実にできるようになったが、その被害を最小限に留める技術も開発されているが、停電対策は風が吹けば、停電するってのは当り前になっているのでした。電化製品に囲まれた中での生活、停電一発で日常生活が大変になるのでした。ガスでご飯を炊く練習をするかな。冷凍庫内の冷凍食品、優先的に食べないとならないのでした。冷蔵庫の空き閉めも頻繁にはできないのでした。せっかく溜まっている冷気が無駄に消耗されてしまうからです。
 停電だけは突然やってきます。前兆がないのでした。困ったことだ。宿命なのだろうかね。

|

« 2005年7月19日のログ記録 | トップページ | 2005年7月20日のログ記録 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。