« | トップページ | 今年最後の連休でした。 »

2005年12月22日 (木)

暖房器は使わない生活でした。

どこまで寒暖計は下がるのだろうか。風速は10m以上、朝方に那覇では瞬間最大風速は28mを記録したとのことだ。沖縄本島各地では”あられ”が観測されたとも報告されていた。新潟では大雪が降っている最中、広い地域で停電中とのことだ。現代は電気が生活の中で基本となっている。停電ってことは暖房設備も稼動せずということを意味するのだ。
 かつては隙間風って言葉があり、そこから雪が入り込んだことも経験したが、いまは冷暖房の効率化を高めるために密閉型の生活になっている。ガスを使う際は強制的に室内の換気が行われる。調理の際のガス調理器具は強制換気されないと点火できるが、継続的な燃焼はできないのでした。換気扇を回すのにも電気が必要になっているのでし。ストーブも電気が使ってモーターを回して灯油を燃焼させている温風ヒーターが主力。電気こたつ、電気カーペット、お風呂等々、電気供給が当たり前の暖房装置。いきなり炭火って訳にもいかないだろう。
 かつては練炭火鉢、囲炉裏、掘りコタツ、薪ストーブや石炭ストーブ、石油ストーブ等が日常生活の中で使われていたが、オール電化の時代。送電線が雪の重みで切れたのだろうか。

 一桁の気温を記録している沖縄本島でした。寒い!!
 羽毛の寝袋の重ね着は好調です。寒さ知らずの朝までグッスリなのだぁ。 

|

« | トップページ | 今年最後の連休でした。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。