« そして誰もいなくなったぁ | トップページ | 少しづつトレーニングしてますよ。 »

2005年12月12日 (月)

中型ヘリが決まった。

北寄りの季節風が強く吹いている沖縄本島でした。本日、内地に向けて実習船が出航していきました。艫綱を外しての出航準備。約2日間の航海とのこと。頑張って!!
 海上保安庁が次期の中型ヘリコプターの機種が決まったとのことだ。機体はベル社ではなくフランスのユーロコプター社のユーロコプター式EC225となった。アエロスパシアル式AS332L1、通称スーパーピューマからの発展型だ。中型ヘリという概念が正しいのか、ベル212や412が中型でスーパーピューマは大型ヘリのイメージがあるのでした。対テロ対策として鎮圧部隊と資機材を輸送することができる。この機体から発生するダウンウォッシュについては、212や412の比ではないと言われている。海面の被救助者救助については、ある程度の高度を保って吊上げ救助するのだろうか。これまでに212や412のダウンウォッシュは体験しているが、スーパーピューマ級のダウンウォッシュについては経験したことがないのでした。第十一管区海上保安本部ではベル212と412が配備されているのでした。
 新しく建造されるヘリ甲板付きの巡視船は、これまで以上に利便性を考慮した内容が盛り込まれているようだ。海上保安新聞の紹介記事を読んでいて、あれって飛行甲板に着船しているヘリコプター、よくよく見るとユーロコプターの機影だったのでした。そうだよねぇ、船に降ろす機体の重量を先に考慮しなかれば基本設計はできないよねぇ。

|

« そして誰もいなくなったぁ | トップページ | 少しづつトレーニングしてますよ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。