« 2006年9月1日ログ記録 | トップページ | 2006年9月2日ログ記録 »

2006年9月 1日 (金)

9月1日防災の日でした。

9月1日防災の日だ。内地では各地で大地震を想定しての訓練が行われた。それぞれが事前に決められてたシナリオ通りに防災対策訓練を実施した。ただし、静岡県ではシナリオを決めないで即興で対策訓練を実施したとのことだ。多少現場で行き違いがあったとの報道だった。首都東京で行われた訓練には在日米軍の海軍艦艇が帰宅困難者の搬送に当たった。また韓国から消防関係のレスキュー隊が東京消防庁との合同訓練に参加したとのことでした。
 今年リメイクされた”日本沈没”が韓国でも話題になっているとか。国際的な救助態勢が必要になるんだろう。ニュース画面では雨模様だったが、訓練の際に雨降りは辛い。でも、最悪のシナリオは真冬の朝方か夕暮れ時に発生するかもしれない大災害なのでした。
 悲観的なことを考えると大規模災害、とくに首都圏を襲うかもしれない大震災については、本当にシナリオ通りの救助活動ができるのだろうか。対策本部からの中継だったが、常に電気ありきの状態だ。現場からの災害状況を映し出す大型スクリーン、被害状況や指令等はメールでのやり取りになるはずだ。またコンピュータへの情報を送るのにも電気が必要だ。また光ファイバー等のケーブルが生命線となっている。それが一挙にダウンしたら、どうなるのだろうか。被害状況の把握すらできなくなるはず。また火災が発生した際に都市災害は未曾有の被害を蒙ることになるはず。電気ありきでの対策本部って、果たして現実味があるのだろうか。常々疑問に感じているのでした。
 あと沖縄では、いつ地震や津波等の対策訓練を実施するのだろうか。しないのかな。ハリケーンから台風12号に変わったが、勢力が強いままだ。台風の目もはっきりしているのでした。南鳥島に派遣されている人員は全員台風避難のために南鳥島を離れたとのことだ。自然災害は凄い。

|

« 2006年9月1日ログ記録 | トップページ | 2006年9月2日ログ記録 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。