« 2006年10月26日ログ記録 | トップページ | 2006年10月27日ログ記録 »

2006年10月26日 (木)

高校の授業って

受験シーズンの追い込み時期に来ている段階に、とんでもないことが勃発した。履修科目の単位数が足りないという理由だ。ただ、大元の理由は大学受験に関係ない科目は勉強したことにして、あいた時間を受験勉強に当てるということだ。学生が望んだか、それとも教員が、大学受験に専念させるために虚偽の履修計画を出していたことも判明した。現在の三年生は、50分授業を70回を3月までに実施して必須科目をクリアさせて卒業という段取りになったようだ。受験生にとっては大ピンチとなるのだ。

 富山の県立高校で発覚したことが、あっという間に東北や東京等の公立高校にても同じようなことが発覚した。受験生にとっては大打撃なことだ。地理、世界史、日本史、倫理社会等、自分も高校で勉強した。一年は地理と倫理社会、二年が世界史、三年が日本史だった。世界史は3ヶ月くらいで一年分の勉強をした。特別にノートは作っていた。世界史の全集を買ってもらい、それで勉強した。日本史も同じようにまとめて資料作りをした。大学受験は社会の科目はなかったので、生物で受験した。実を言うと生物は高校で授業がなかったのでした。理科は物理と化学だけで生物の先生がいなかったので授業はありませんでした。生物での受験は一年間、自習で勉強して受験に備えたのでした。

 問題なのは、これまでに学校側の虚偽の申告で卒業した既卒生の身分は、どうなるのだろうか。卒業したことになるのだろうか。卒業資格の剥奪なんてことはありえるのだろうか。一人でもよいところに合格させようと画策したためだろうか。受験勉強のペースが狂った学生さんもいるだろう。パニックになっているのだろう。
 必修科目って何だろう。

またもや宮古島で地震だ。震度3だ。ちょっと心配な地震が続いている。

|

« 2006年10月26日ログ記録 | トップページ | 2006年10月27日ログ記録 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。