« 酸素減圧実験開始した | トップページ | 体験ダイビングだった、ダイブマスターの忘れ物 »

2007年2月 4日 (日)

窒素排出を促進させる

お天気に恵まれた週末だった。こんな天気の週末も久しぶりだった。プロ野球のキャンプ地は大賑わいだったようだ。追っかけさんも、このポカポカ陽気の中をのんびりと楽しめたかな。

昨年末から水中で酸素を呼吸して残留窒素の排出を促進させる実験を開始しています。酸素シリンダーと酸素専用のレギレーターを二組揃えた。それに水中で高濃度酸素での減圧計算ができるダイブコンピュータも用意した。水中での酸素の危険性もお勉強した。ダイコンでのデータをパソコンにて確認するシステムも稼動を開始した。あとは連続して使用する際のトラブルシューティングを集めることにした。米海軍マニュアルにも7.5m相当の深度での100%酸素を呼吸することの危険性が指摘されている。十分に深度をモニターしながら確実に窒素を少なくする方向を実践してみます。

 酸素充填については嘉手納基地近くの沖縄酸素に持参して充填してもらう。朝出せば夕方には受け取ることができる利便性、これはありがたいのでした。小ぶりのシリンダーに酸素を充填して各ダイバーに持ってもらい、予め決めた水深にて窒素の排出を促進させるようにと考えているのでした。酸素を水中で呼吸するために専用のダイブコンピュータも用意することも検討しなければと考えています。様々なダイブコンピュータが市販されているから、選択肢があるから大丈夫かな。

|

« 酸素減圧実験開始した | トップページ | 体験ダイビングだった、ダイブマスターの忘れ物 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。