« オニハゼは見つからなかった | トップページ | 原子力発電は安全かぁ »

2007年3月14日 (水)

ケガしてから二日目、まだ痛みが残っている

左手親指をドアに挟んでから30時間以上が経過した。親指を極力動かさないようにしていると左手のその他の指も動かさないようしている。痛みの具合を確認するために指を動かしてみるのでした。親指は痛みが残っている。とくに第一関節より上に痛みが集中している。指先の先端部もビリビリとした痛みを感じる。他は動きが鈍くなっているのでした。まだまだ痛みが続いているのでした。

 左手が自由に使えないと車では困った。サイドブレーキの操作は右手で、ギアも同様の操作となるのでした。当然、動作は緩慢になるので、完全にブレーキを踏んだ状態ですよ。ながら運転は危ないから。ブレーキをしっかりと踏んで停めているのでした。

 冷シップ薬を患部に貼るのも一苦労している。薬品が塗布されている面を保護している透明なビニールを剥がすのが一大イベントだ。なかなか剥がすことができないのでした。ビニールを右手で剥がすと左手でシップを押さえることになるが、指先が自由に使えないので押さえて手にシップが貼り付いてしまうこともあるのでした。痛みが引くまで我慢しなければならない。

|

« オニハゼは見つからなかった | トップページ | 原子力発電は安全かぁ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。