« スノーケリングのトレーニングでした | トップページ | ビデオカメラ水没したぁぁぁぁ »

2007年5月18日 (金)

実況中継

あっちこっちでパンパン。新聞記事を丹念に読んでいくと「へぇぇぇ」ってなことを思った。日本もいよいよアメリカ並みになって来たのかなぁ。実に拳銃騒動が多いなあって。マスコミに登場する専門家は、拳銃のお値段が安くなったので、いろんな人が入手するようになったとのコメントだった。あとは、自分で拳銃を作ってしまったなんて記事も二件ほどあった。SATの隊員が亡くなったとの報道があったばかり。

 愛知での立てこもり事件、現場から中継がなされている。犯人も見ているとは思うが、捜査陣の手の内をさらけ出しているような報道。どうなんだろう。確かに一般の人も何が起きているのかの情報を知りたいが、あまりの報道の過熱気味になって犯人側に筒抜けになっているのではって考えてしまうこともありそうだ。でも、逆に抑止力的にも働くのだろうかって。

 人質が自力で逃げ出したとのことだが、あとは犯人だけが残っているのだろう。アメリカであれば、即突入っあった人て感じだが、日本では射殺という選択肢は、余程のことがないと現場では命令が発せられない。かつて瀬戸内海でのカーフェリー乗っ取り犯では、射殺命令が出て、実行されたと記憶している。今回は長期戦を覚悟しているようだ。まず拳銃の入手経路を明確にして欲しいものだ。映画のように躊躇なく犯人は拳銃を発射している。殺傷能力が高いので、本物の拳銃なのだろう。

 今回の犯人は、もとその筋の人とのことだ。地域住民とのトラブルも絶えなかったようだ。以前にトラブルに会った人は、内心撃たれくてよかったって思っているだろう。ズドンと一発、怖い。秀吉の刀狩以来、日本では一般人が持っているのは料理用の包丁とクワやナタくらい。安心して日常生活を送ることができたが、これからは判らないです。物騒な世の中になった。

 辺野古では、とうとう海上自衛隊の潜水隊員が、観測機器の設置に民間ダイバー等とともに水中活動を開始したとの防衛省大臣が公式見解を述べたのでした。ますます混沌として来た沖縄でありました。

|

« スノーケリングのトレーニングでした | トップページ | ビデオカメラ水没したぁぁぁぁ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。