« 台風一過の考え事 | トップページ | ニアミス連発。おかしいぞ!! »

2007年9月16日 (日)

ウネリがとれないのでした

台風11号から2日経過した。前兼久漁港から真栄田岬方面を見ると荒れているのが判る。朝、水域偵察で出たスタッフからでは砂地ポイントでは、水中の流れが半端ではないとのこと。午前中のスクーバ体験は中止だった。午後からは干潮になるので再度、偵察するとのことだった。昨日は、自分等の船長は出航を中止した。他のサービスは出航したようだ。でも強烈なウネリに叩かれて怪我人が出たとのことだった。台風11号の勢力は、台風の目がしっかりしているので、その力は強かったことを物語っている。当然、海の荒れ方も半端ではなかったのでした。”ウネリが残っている海での無理は禁物”鉄則でした。

でも、昨日のことを冷静に考えると。”あれ”って考え込んでしまうのでした。それは昨日は、9月15日(土)ですが、台風11号は14日(金)の午後8時くらいから夜中にかけて久米島近海を通過して東シナ海を北上して行った。つまり、14日の夜から15日の朝まで台風の影響下にあったのでした。暴風警報は、15日の午前8時までに解除された。その後は波浪警報だけが残っていた。それでも波浪警報が解除されたのは午前中だった。この状況を考えると出航の判断は、どうなんだろうって。

 連休中で商売を優先したのだろうか。

 あぁぁぁまたしても台風が発生した。大きな熱低の雲があったのですが、それが台風12号になったのでした。今度は週中に石垣や西表方面に向かっているのでした。

 沖縄本島にとっては東風が吹いてくれると助かるが、どうなるのだろうか。恩納村では東風だと海はきれいになるかな。ウネリも取れるとありがたいでした。のんびりとダイビングしたいのでした。秋の海を楽しみたい。

|

« 台風一過の考え事 | トップページ | ニアミス連発。おかしいぞ!! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。