« 9・11から6年が・・・・ | トップページ | 迷惑な辞任、自分勝手だぁ »

2007年9月12日 (水)

遅きに失した感じ

ようやくお天気が落ち着いてきたかな。朝から晴れ間が広がった。風は北寄りの爽やかな空気の中に騒然とした情報が流れた。とうとう安倍さんが総理大臣を辞めたとのことだ。

永田町では大騒ぎになった。歯切れの悪い言葉遣い、無表情な顔、お辞めになるタイミングを失したのではと思ってしまうのでした。何で、今頃になって辞めると表明したのだろうか。選挙は直後の歴史的な敗北を認めた段階で退陣表明をしていれば、まだ歴史的な評価は違っていたのかもしれない。お坊ちゃん総理のあだ名が付いたままなのだろう。

 国会解散、総選挙という手法を選ばなかったのだろうか。次期総裁候補は、麻生さんで決まりなのだろう。それにしても第二次安倍内閣の閣僚に任命された諸氏。短命内閣、これも歴史に刻まれることになるのだろう。暦の上では1年は365日なのだが、今回の首相の在任期間350日かな。在任期間が一年にも満たない。

 国会論戦を楽しみにしていたのだが、残念でしたぁ。

 国民にとっては自民党の都合で総裁選挙を実施することの選択肢。自民党が大敗する可能性があるから、解散総選挙の選択肢を排除したのだろう。

|

« 9・11から6年が・・・・ | トップページ | 迷惑な辞任、自分勝手だぁ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。