« トレーニングダイブでしたよ。 | トップページ | 楽しくガイドさせてもらいました »

2007年9月28日 (金)

民主化デモ、日本国政府の動きは

今朝、潜水器材を準備しながら衝撃的な映像を見た。ミャンマーの軍事政権への抗議デモを取材していた日本人のフリーカメラマンが至近距離から銃撃を受け、亡くなるまでの映像が公開された。あれは流れ弾に当たったのではなく、1~2mの至近距離にいた兵士に銃撃されているのだ。まるで映画を観るような撮影手法だった。ドンピシャのタイミングでの撮影だ。

 軍事独裁政権のミャンマーでは、強行に民主化を求めるデモに対する断固阻止するとの意向を見せたことになる。国際社会からの圧力をかけても無駄なようにも思えるのだ。中国も自国の利益を考えると軍事政権が存続することが望ましい立場なのかな。歯切れが悪い。欧米では民主化を促すためのプロセスとして経済制裁を強化する方向に行くようだ。

 さて、日本国の動きはどうなるのだろう。自国の国民が銃撃を受けて亡くなったという事実に対する抗議は、如何に。あの、兵士による銃撃の映像、世界中に配信されたとは思う。ミャンマーとの国交は、あるはず。航空会社も直行便を飛ばしているかな。旧ビルマ、思い出すのは”ビルマのたて琴”だ。最初に撮影されたモノクロ映画だ。聞こえて来るメロディーは”埴生の宿”でした。

 政権維持をするためには国民の生命をないがしろにする政府。ごく一部の要人の生活を守るための組織立て。強権政治の怖さをつくづく思うのでした。

 合掌

 本日、午後から事務所の引越しが何とか完了しました。あとは新しい事務所の猫の額を確保するのみ。ちょっとは事務所らしくなりました。

|

« トレーニングダイブでしたよ。 | トップページ | 楽しくガイドさせてもらいました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。