« 楽しくガイドさせてもらいました | トップページ | リンゴの化石、AEDにはバッテリー常時装填してね »

2007年9月29日 (土)

何とか引っ越しが終わりました。

新しい事務所に、引越しがほとんど完了しました。MBDSの若者には大変にお世話になりました。若い力に感謝しています。重い冷蔵庫やライティングデスク等を嫌な顔もしないで、ドンドン運び込んでくれました。旧事務所は室内運動会ができるくらいの広さがあったのでした。初めて恩納村に事務所を開設する夏は、クーラーなしで扇風機一台だけで頑張りました。せっせと書棚を手作りしました。建物の中で組み立ていたので、外に出すことを計算していなかったのですが、何とか運び出すことに成功しました。大半をコンテナボックスに収納することができました。

 新しい事務所ですが、運び込んだ荷物で溢れかえっています。一番の頭痛の種は本の問題です。大半は処理するつもりでいます。古本買取のサービスを利用したいと考えています。自分の書籍は医学系が半分くらいかな。あとはダイビング関係、それに自然科学系、海洋関係の順になります。どれも捨てるわけにもいかないのでした。でも敷地が無尽蔵にあるでもなく、本に埋もれて下敷きにもなるのも痛いしって考えると処分するしかいのでしょう。デジタル化しておくべきだったと反省しているのでした。

 恩納村では台風12号以降に、大きなダイビングに絡んだ事故が続いているのでした。船にて移動中に波浪の影響で大勢がケガをした。翌日には漂流事案が発生した。そしてガイドダイバーが仕事中に亡くなったことだ。このガイドダイバーがお客様を引率中に死亡した事案。公的機関からは結果の公表がなされないので、何ともいえないが、おそらく病死扱いとなっているようだ。一箇所の水域でダイビング事故が続くのは異常な出来事だ。最初の二例については、海況が最悪の状況でのダイビングを強行したツケだ。ガイドダイバーの業務中の死亡事故は、世界的には珍しい出来事だ。

 9月の沖縄、思いもよらない事故が起こるのですが、ガイドダイバーが引率中に死亡は、予想されていたが、身近で発生したのには驚きを隠せないのでした。

|

« 楽しくガイドさせてもらいました | トップページ | リンゴの化石、AEDにはバッテリー常時装填してね »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。