« 大変ダイビングだった | トップページ | 厳しい海況でのダイビングでした »

2007年10月18日 (木)

天国でも泳いでいるだろうな

一瞬耳を疑った。木原光智子さんが亡くなった。自分よりも年上だが、四捨五入すれば同世代かな。水泳指導中にくも膜下出血で倒れて治療中とのことでした。水泳選手、東京オリンピックに16歳で出場した。自分は小学5年生だった。水泳の憧れの的だった。ご冥福をお祈りします。

 50代という年齢、若いと言えば若い年齢になるのだろう。最近はテレビで見ることはなかったが、水泳がテーマのテレビ番組には必ず出演していた。元気の象徴のようだった。健康体そのものようだったが脳系の疾患で亡くなった。あれだけの有名人なのだから健康診断、人間ドック、脳ドック等様々な最先端医学の検査が身近にあるのに。

 市町村で実施している30代以上、40代以上等の年齢や性差によって検査項目が違うが、相対的に市町村が実施している検査の補助を利用すれば頭の先から足先までしっかりと検査できるはず。その検査結果を踏まえて医療の世話になることがベスト。8月の最盛期だった。忙しかったのだろう。彼女はプールが似合い女性だった。

 天国に行っても泳いでいるのだろう。合掌です。

|

« 大変ダイビングだった | トップページ | 厳しい海況でのダイビングでした »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。