« ボートダイビングでした | トップページ | 高校生の海洋実習が無事に終わったぁ »

2007年12月 9日 (日)

事件、事故の連鎖

事件と事故の連鎖。先日もアメリカから銃乱射事件の報道があったばかり、秀吉の刀狩り以来、日本人は武器としての銃器については無縁に近い感じだった。でも、午後零時20分頃に東京都の目黒にて銃の暴発事故があった。その5分後の日午後零時25分頃には高知県で銃での殺傷事件があった。単なる偶然なのだろうか。5分の差で銃の話題だった。

 次にはヘリコプターの墜落事故、EC-135型機の墜落事故だ。機長さんが亡くなり、整備士さんが重体とのこと。ニュースでは墜落過程が撮影されていた。テールローターが故障したのだろうか。クルクル回転しながらの事故だった。二三日前に春先に起きた山岳でのヘリコプター墜落事故調査報告があったばかりだった。着陸直前にテールローターに不具合が発生した旨の連絡があったばかりだった。飛行時間5000時間以上のベテラン機長さんだった。この種の事故想定についての対処法については訓練済みとのことでしたが、ニュートンの法則の通りに墜落したのでした。

 EC-135型機については、ドクターヘリコプターで使用されている機体だ。沖縄本島にも医療支援ヘリコプターとしてEC-135が存在するのでした。この機体の特徴であるテールローターが露出していないのでした。テールローターに不具合でも発生したのだろうか。オートローテーションで着陸できるはずだが、高度が低い中での事故だったのだろうか。これも事故原因の調査次第になります。

構造的な問題でもなさそうなので、とりあえず事故原因の追求をして頂きたいのでした。

 大食い競争の元祖になるのだろうか。岩手で開催された「わんこそば」の選手権大会にて女性が優勝したとのことだ。これまでの記録をはるかに超える大記録がでたようだ。340杯とのことだ。総量にするとどれくらいの多さになるのだろうか。自分も「わんこそば」を食べてみたいのでした。でも、参加のチャンスはなさそうだ。明日でも500gの蕎麦を茹でて食べてみようかな。500gは三食分に相当するのでした。

|

« ボートダイビングでした | トップページ | 高校生の海洋実習が無事に終わったぁ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。