« 今日から高校の授業ダイビング | トップページ | ボートダイビングでした »

2007年12月 8日 (土)

米軍基地の一こま

今日は、こんなことがありました。海況が不安定だったので金武湾のレッドビーチにて潜りました。実習の休憩中のこと。一台のパトカーが接近してきました。レッドビーチはアメリカ軍の軍桟橋があります。とりあえず金網に取り囲まれているのでした。看板にもアメリカ合衆国軍隊の施設です。桟橋内は立ち入りを禁止すると変な日本語が書かれているのでした。実は看板を書いた人は「桟橋」と書いたつもりですが、実際には「桟」木へんとなるのですが「浅」という字にしか読めないのでした。

 金網の上には有刺鉄線が張り巡らされているのでした。海岸に沿って海まで金網は伸びているのでした。波打ち際が人が通れる穴が開いているのでした。釣り人は桟橋内に立ち入って釣り糸を垂れているのでした。日本のパトカーから警察官が来て、桟橋方面を見て、「あそこで釣りしている人は、日本人かねぇ」って聞いてくるのでした。あれ、何で聞くのだろうか。最終的には、パトカーに常備されているスピーカーにて「釣りをしている人は、直ちにパトカーまで来てください」との警告だった。

 結局、一名が歩いてパトカーの警察官のところまでやってきた。その後の経緯は潜ったので判りません。知人に電話したら、以前はMP(ミリタリー・ポリス:軍警察)がやってきて、同じようなことをしているようだ。週末だったのでMPが乗った米軍のパトカーが3回くらい来たが、通過しただけだった。以前はMPが取り締まりをやっていたようだ。最近は日本の警察が実施することになったようだ。

MPが日本の民間人をコントロールすることはできないはず。基地以外の日本国領土では。でも、沖縄ではMPが全面に出てくることがあるようだ。

 桟橋内で釣りをする人は多いのも事実だ。海岸線の破れた金網を潜っていくのでした。今日だって数組が釣りをしているのを目撃している。でも、隠れたのかな。一人だけだった。海から潜っているのは問題ないようだ。

|

« 今日から高校の授業ダイビング | トップページ | ボートダイビングでした »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。