« 混乱が続く | トップページ | 真相究明は、どこまでできるのか »

2008年2月22日 (金)

ミスマッチが続く

久しぶりに風が南寄りになりました。気温は20℃を超えて23℃を記録した。予報では雨が想定されたが、今日は幸いにも外れた。洗濯をすればよかったと思ってしまうのでした。残念だ。

 週末の金曜日です。本当に一週間が経つのが早く感じています。あれもこれも終わっていないという状態です。あぁぁぁいつもと同じパターンだ。時間に追われるだけで成果が上がっていないのでした。時間の管理は難しいです。誰かが管理してくれないかなって切実に思ってしまうのでした。

 今年の沖縄県内のダイビングサービスではスタッフさんの募集で悲鳴が上がっている。かつてのような何でもいいから働かます的なスタッフ予備軍はゼロです。ここ何年間の特徴は、とりあえず2年くらいは経験としてダイビングサービスで働きたい。でもいい経験したから、自分で開業しようという人材は少ないのでした。昨年くらいからダイビング経験のない方からの問い合わせが多くなっています。ノーダイバーからの問い合わせが多くなっています。

 現場では、ノーダイバーさんを受け入れて教育する時間的な余裕とスタッフがないのでした。あとはゼロから育てるとなると経費負担も大きくのしかかってきます。トレーニング費用を誰が負担するのかです。これまでは、この業界では育てるための費用負担については、ダイバー自身が負担して自分の経歴をステップアップしてくるということで成り立っていたのでした。

専門学校レベルでは200から300万くらい、場合によっては400万くらいの経費がかかっている現実があります。投資した金額に見合うだけの回収ができるかというと、それほどでもない。教育システムと内容が貧弱なのだろう。インストラクター資格を取得しても、インストラクター資格があるから即、実践で初心者指導するように指示を受けても「自分は指導できません。怖いです。」となるのだ。

 ミスマッチが続くのかな。

|

« 混乱が続く | トップページ | 真相究明は、どこまでできるのか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。