« 問題解決潜りでした | トップページ | レッドビーチでした »

2008年2月28日 (木)

イージス艦その後

イージス艦の衝突事故、その後の展開はドタバタ状態になっている。防衛省高官の説明も曖昧さが抜けきらない。何でなんだろう。歯切れの悪さが残るのでした。自己弁護をするための言い訳でしかないように思うのでした。あれが民間レベルだったら、もっと社会的には叩かれている行為だ。状況認識が甘いじゃないのかな。任期半ばで更迭でもされると退職金に影響するのだろうか。

 民間会社だったら、もっと強烈なバッシングにあっていることになる。官僚や大臣は、何が他人事のような言い方をしている。直接の当事者が出てくることないのだろうか。海上保安庁の捜査を妨げないようにしていると説明しているが、初動の段階では、海自単独での事情聴取を行っていたことが判明した。

 ところでハワイ沖で訓練、その帰りなのだが、入国管理手続きはを行うのだろうか。空港であれば入国審査と税関を通過することになるが、今回のように直接、護衛艦からヘリコプターで防衛省まで呼び出しされているが、入国審査を経ることなく日本国に戻ったことになるのだろう。横須賀基地に戻って改めて入国手続きを行うのだろうか。

今年は閏年なので、あと1日だけ。2月29日なのでした。

|

« 問題解決潜りでした | トップページ | レッドビーチでした »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。