« 懐かしい機体ベル212 | トップページ | 買出しだ »

2008年2月 8日 (金)

運転マナー

朝から車で移動していました。軽や小さめの「わ」ナンバーが多かった。あとはダンプカーの数珠繋ぎにも出合った。大形車両ではサトウキビ運搬中が多かった。当然帰路は空っぽだ。相変わらず多いのが携帯電話での会話をしながら走っている人も多かった。対向車線で廻るために一時停車しているドライバーさんに多かった。大丈夫かな。

 携帯電話を使用しているドライバーさんの運転は、会話に集中しているのだろうか、動きがゆっくりだったり、ハンドル操作が危うい場合もあった。とくに沖縄自動車では、際どい運転だった。交通違反と知りつつ運転中にも係わらず電話に出てしまうようだ。巻き添えだけはご勘弁願いたいです。

 寒くなると救急車の出番が多くなるのだろうか。この3日くらいは遠出をする機会が多かったので、救急車に出会うことも多かった。寒くなると心臓疾患や脳系の救急疾患での搬送が多いとも聞いたことがある。救急車が走るってことは、受け入れ病院も大変な忙しさになるのでした。沖縄では肥満大国、ファーストフード、不飽和脂肪酸が沢山含まれた油で揚げる製品が多いのとも聞く。確実に血管を詰まらせる性能を持った油脂だ。極力、避けるようにはしている。

 脳梗塞では発病直後の3時間以内での梗塞物質を溶かす医薬品を注射することができれば、その後の治療も優位になるという薬も使われている。短時間に救急患者を受け入れることができる病院に確実に搬送することができればだ。救急車を依頼するタイミングも重要になる。異変に気づくかです。

救急車も出払うことが多くなるので、現場でのトリアージが有効になるのだろう。東京かなトリアージを行うことで軽傷か重症かの区別をして救急車を有効に活用する試みが始まっている。これから沖縄本島でも現実問題になる可能性が多いはずだ。

|

« 懐かしい機体ベル212 | トップページ | 買出しだ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。