« 一酸化炭素中毒 | トップページ | 新型戦車が公開された »

2008年2月12日 (火)

基地振興

この冬一番の寒さかな。北風が10mくらいの強さで吹き、気温も12℃を記録している。寒い。チョコレートが美味い。美味しく感じるのでした。ミント味のチョコレートを見つけました。講習中に生徒と一緒にパクパク食べちゃいました。

 ノートパソコンの温かさを認識する日々です。

 岩国では1700票という僅差でアメリカ海兵隊岩国航空基地の機能拡大容認派が市長に当選した。基地機能の拡大を容認することで日本政府は、基地対策費として交付金をばら撒くことになりそうだ。これで財政的に不安だった地方都市としてはホッとしたのだろう。沖縄では辺野古地区への飛行場施設の建設のためのゴーサインが発せられたと同じくらい動きが出てきた。300億円くらいのお金が交付されるようだ。名護市だけかな。

 基地容認することで、その代償としてお金を交付するというアメとムチスタイルが定着するのだろう。三位一体の改革のあおりで地方の経済は疲弊しており、一銭でもお金が欲しい状況になっているのでした。

沖縄では自然と引き換えに広大な海洋埋め立て工事が始まるのだろう。

|

« 一酸化炭素中毒 | トップページ | 新型戦車が公開された »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。