« 最後の抜糸が終わりました | トップページ | 荒れた海だった »

2008年9月27日 (土)

台風15号だ

またしても台風だ。先島方面に近づいている。予想される最低気圧は、915ヘクトパスカル。風は55mくらいの強さだが、瞬間最大風速については70m前後の猛烈な強さで吹くと予想されているのでした。時速25kmだ。最近の台風の中では比較的足の速い台風だ。10時間で250km、20時間で500kmも移動することになる。

沖縄本島でも、今回の台風15号がもたらす巨大な雨雲がかかっているのでした。夕方は土砂降りになった。非常に視界が悪くなっているのでした。現在は、小康状態になっている。

 午前中にビデオカメラのライトテストをお願いして潜ってもらった。予定では2ダイブする予定だった。結局は1本で戻ってきました。テストダイバーに聞いたら、風は東なのですが、ウネリは西よりだった。当然、砂地ポイントでは三角波のようにざわついているのでした。水中では潮汐流が発生していた。撮影された動画を確認したが、表現としては「川のような流れ」だった。透明度も悪かった。

今朝、先島の知人と電話した。潜りに行き、夕方には船をしまうとのことでした。今年は、先島方面が台風の通り道になっている。前回の14号は、動きがゆっくりだったので、長時間暴風雨に晒された。停電が長く続いたとこぼしていた。

 明日は、那覇と石垣を結ぶ航空路は、全便欠航とのこと。日常生活に支障を来たさなければと思うのでした。

 台風の目がはっきりしているのだ。台風の目がはっきりと見えるってことは台風の力、そのもののが強いことを意味するのでした。

 沖縄本島にも影響を与える台風15号なのでした。

|

« 最後の抜糸が終わりました | トップページ | 荒れた海だった »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。