« のんびり三本潜り | トップページ | マダラトビエイ参上 »

2009年4月12日 (日)

寒冷化になるかな

本日も晴天です。風は東寄りです。防寒具の洗濯、そして衣替えの準備です。一人で仕事をしているので季節の切り替えが難しいのです。でも、そのままってことには行かないですね。冬物と夏物の切り替え。スパって済ませるのです。

 今年の冬は、比較的暖かい日が続いたので助かりました。フリースも内地の真冬用の分厚いタイプは着ることはありませんでした。比較的薄手のタイプとベストタイプで乗り切ることができました。あとはMA-1だけでした。あとは5本指の靴下でした。

 最近の地球環境関係の資料を眺めているとあれって思うことがありました。それは、地球温暖化から寒冷化傾向になるとのこと。頭に浮かぶのは「全地球凍結」という新書だ。もっと難しい内容の本が出版されているかと思いますが、新書版だと700円前後とお手軽な価格なのです。

 歴史、地球の歴史を調べるとなると地質学の分野です。45億年の歴史、つまり地層を調べて行くのです。沖縄でのサンゴ礁の問題を研究すると7000年とか一万年くらい時間的な流れなのですが、億単位、それも先カンブリア時代の終わり頃の8億年前くらいから6億年前ごろに多くの謎を秘めた地層にぶち当たるのだそうです。この時期は、寒冷な気候の証拠が地層に堆積しているとのこと。世界中の、どこでもというわけでもないようです。

 また、気温も一気にマイナス40から50℃くらいに降下して、その後マイナス20℃くらいの時代が続くのです。家庭にある冷凍庫の中の状態になるのです。このが何億年も続いたのです。やがて暖かくなった途端に生物の大爆発が起きるのです。冷凍庫状態であっても生物、生物といっても高等な生物ではなく細胞レベルの光合成して生存できるレベルだった。つまり単細胞です。それが何らか力で多細胞の生物へと進化したのです。生物の進化の謎も、非常に興味深いものがあります。

温暖化か、寒冷化か、どっちになるかな。

|

« のんびり三本潜り | トップページ | マダラトビエイ参上 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。