« 荒れて来た | トップページ | 天候あれこれ »

2010年6月 5日 (土)

サンゴの産卵時期

ちょっと海は荒れ気味です。午前中は、それほどでもなかったのですが、午後から風が強くなりました。梅雨前線が、南海上に下がったので、北寄りの風が強くなったのかな。梅雨前線が発達しているのかな。明日以降は、北上するから南寄りの風に変わることになる。気温が上昇しますね。夏本番だ。

サンゴの産卵時期だ。週末なのでサンゴの産卵をネタに集客している。情報戦の真っ最中。他店舗のログ記録を確認し合っている。サンゴの産卵の書き込みがあれば、即チェック。ポイント名を確認。

仲のよいお店同士では情報交換を実施している。サンゴの産卵、毎年、ログ記録を作成しているガイドさんであれば、それほど苦労しなくても産卵を確認することができるはず。最低でも3年から4年くらいの経験。同一地域にてガイド記録を残していれば予測できるはず。

 ソフトコーラルにハードコーラルと様々だ。笑えない話は、ナイトで潜って産卵しそうとの情報を元にしているが、どのサンゴから産卵しているのか判らない。でも、潜っていたら、廻りに卵らしい物体がフワフワ浮いているではないか。周囲を見たが、どこのサンゴが産卵しているか判らない状態だったなんて。

 日々、潜って丹念にサンゴを観察して、それを記録しておくことが大切です。丹念に潜っていることも大事です。頻繁に潜るので体調の維持管理には注意して欲しいのでした。今日のように気温の低下が続いていると風邪を引かないように注意して欲しい。例年に比べると、寒く感じるのでした。

当分、サンゴの産卵が続くのでした。

|

« 荒れて来た | トップページ | 天候あれこれ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。