« 宇宙人だったのかな | トップページ | 荒れて来た »

2010年6月 4日 (金)

権力の移譲

第94代目の首相が誕生。権力の空白は1日だった。これまでの自民党時代では、権力の空白期間が生じた。それに比べる、あっさりと決まった。

権力の空白。これまでは自民党内部での派閥間の対立が、尾を引いていた。ちょっとは反省したのかな。かつての露骨な権力闘争、政治家のリーダーの資質のように考えられていたが、そんなの関係ねぇ。関係ねぇ。芸人さんのキャッチコピーかな。

週明けには閣僚人事に着手するとのこと。どんな陣容が発表されるのだろうか。前回の大臣は、それぞれ任命されたが、自分としては印象が薄いのでした。真剣さを感じる大臣は、少なかったように思えるのでした。自分の使命が何であるかを理解していなかったのかな。長い間の野党ボケ、ボケ状態だったのが、自民党の敗北を機に、表舞台への突然の登場となった。

 シャドーキャビネット(影の内閣)を作ってトレーニングしていなかったのだろうか。このシステムは、有効に機能すると思うが、政治家自身が理解していなかったのだろう。ただのお遊びと理解していたのだろう。ちょうど子供銀行のようだったのだろう。

 さあ、どんな大臣が任命されるのだろうか。

|

« 宇宙人だったのかな | トップページ | 荒れて来た »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。