« 沖縄本島、台風11号が避けてくれた | トップページ | 連休の終わり スタッフの退職 »

2010年9月19日 (日)

クラウド 雲

敬老の日、連休だ。沖縄県内では、沖縄本島を除いて台風11号の影響で苦労している。先島方面では、今日のお昼くらいに台風の強風から抜けた。明日には船を海に出すようだ。連休最終日だ。

今回も気象レーダーが役に立った。島の近くになると台風の眼も確認することができた。文明の力を感じることができた。インターネットでの情報収集。防災情報提供センター(国土交通省)に感謝しています。気象庁関係のは、画面のサイズを拡大する機能がないのだろうか。判りづらいのでした。確認するための時間が短いのでした。とくに沖縄県は離島県なので、島のサイズが小さいのでした。

 IT文化。パソコン、いやコンピュータが普及して久しい。自分の生活を考えてもコンピュータがないと社会生活もままならないくらいだ。コンピュータの進化速度も、凄いものがある。デスクトップ型のパソコンが主流だった。が、現在は技術革新によってコンピュータの機械部分のダウンサイジングとなり、より小型化できるようなった。また、膝の上に乗っけられるサイズにまで進化した。

 小型化と同時に販売される価格も安く手に入れることができるくらいになった。コンピュータは、それを使いこなすには専用のソフトが必要となる。結果的に、いろいろの必要と思われるものを購入すると、それなりにお金が必要となる。あとは外部との通信手段を考えると、それもお金が必要となる。

 最近は、クラウドなるシステムが注目を浴びる。通信回線とコンピュータ、それにクラウドに接続することで仕事として使える機能だ。自分が持っているコンピュータを端末として使うことができる。ノートパソコンとプリンター、通信回線があれば充分に仕事に使うことができる。

 これからはクラウドコンピューティングの時代となる。通信回線の品質も向上した。でも、停電となると何も使えなくなるのでした。

 クラウドコンピューティングシステム、ダイビングでも多いに活用したい。

|

« 沖縄本島、台風11号が避けてくれた | トップページ | 連休の終わり スタッフの退職 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。