« 久しぶりの砂地でした | トップページ | 漁師さんの事故が続く »

2011年1月24日 (月)

海外ツアー

沖縄のダイビングサービス、海外ツアーに忙しい。所用があり、何軒かのダイビングサービスに連絡。場合によっては留守電のまま。メールで連絡しても返信なし。あれ、みんなお休みなのかなって。

 順次、帰国したようで、「パラオから帰ってきました。」とか、「シパタンから戻りました。」「明日から、海外に行って来ます。」何て。航空自由化や航空会社のグループ化で乗り継ぎ便に利便性が出たのだろうか。

 沖縄の冬も寒いことがお客様に定着したようですね。せっかくのダイビングチャンス、では一緒に海外にも行きましょうって。ダイビングサービスの固定客向けの企画として、ガイドと一緒に潜りに行きましょうって。大人数ではないのですが。

 ガイド対応は、現地のガイドさんが対応。バックサポートは自分がしっかりとガードしますので、ご安心くださいとなるのでした。

 でも、温かいから潜り過ぎないように。また、夜の宴会、飲みすぎにはくれぐれも注意。あとは乗り継ぎ便の利便性が向上ですが、減圧症発症の危険性もあるので、潜水時間、潜水回数、水面休息時間、残留窒素等のことも計算してくださいよ。日本に戻った途端、医療機関を紹介してぇの連絡は受けたくないのでした。

 さて、沖縄県のドクターヘリのホームページがありますので、ご紹介します。アドレスです。 http://drhekiokinawa1.ti-da.net/  1月19日の写真に注目です。駐機中のドクターヘリ。沖縄は海の上を飛ぶために、ときおりエンジンの洗浄を行います。フライトナースさんが撮影した写真が掲載されています。 

 楽しい映像をご覧ください。http://wn.com/viamare2835 以前に「お試し」で紹介したことがある映像、その後に作った映像も一挙に公開しています。肩の凝らない、ウフッて笑顔になってしまう動画。

 NPO沖縄県ダイビング安全対策協議会のホームページに「沖縄県ダイビング業界実態把握調査」結果が掲載されています。 http://antaikyo.com/icms/07f647d347 をクリックしてください。

沖縄県委託事業「平成22年度美ら海構築促進事業」において現在「沖縄県ダイビング安全対策行動指針(仮称)」の策定について議論検討を行っております。 http://www.antaikyo.com/ にPDFファイルにて全文を掲載しています。是非ともご確認ください。

|

« 久しぶりの砂地でした | トップページ | 漁師さんの事故が続く »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。