« また台風だぁ。今度は6号でした。 | トップページ | 体験ダイビングでした »

2011年7月14日 (木)

不発弾 恩納村でも見つかる

 恩納村でも不発弾処理が行われた。昨日は、小学校の校庭で信管付きの手榴弾が見つかった。見つけた児童が手に持って職員室まで持参したとのこと。激しい地上戦が展開された地域だった。恩納村の仲泊地区の海岸線での不発弾処理。無事に終了した。

 身近な場所でも、不発弾が発見された。まだまだ沢山埋まっていることだろう。昨年から学校の敷地内や、子どもが不発弾を発見することが多くなった。まだドカンと爆発した事例が無いことだけがラッキーなようだ。身近な場所、生活圏内での不発弾が出て来るのは怖いのでした。

 手榴弾は怖い。それも信管付きとなると、いつドカンってことになるかもしれない。信管付きってのが、怖いです。爆発物としては火薬だけでは爆発しないのでした。火薬に発火させるシステムとして信管があるのでした。爆発のメカニズムについては不発弾の資料を確認して欲しいのでした。

 何十年も不発弾処理が続くのでした。

 平成23年6月22日発表。ダイビング安全対策マニュアルの発刊について http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=232&id=24710&page=1  ようやく沖縄県の観光振興面でのダイビング活動の安全安心を推進するための第一歩を歩み出したという感じです。宜しくご確認のほど、お願いします。

 オランダのある企業が検証した映像がありました。タイトルは「Lynx Helicopter Operating Limit Development 」とありました。とりあえず、映像を見てください。 http://www.youtube.com/watch?v=bC2XIGMI2kM&feature=player_embedded#at=27

 国際蘇生連絡委員会(ILCOR)による2010CoSTRに基づいて作成した救急蘇生のためのガイドラインの暫定版(日本版)ここからダウンロードできます↓ http://www.qqzaidan.jp/jrc2010.html

|

« また台風だぁ。今度は6号でした。 | トップページ | 体験ダイビングでした »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。