« フランク・キャプラ監督作品 Mr.Smith Goes to Washington | トップページ | ホットスポット »

2011年7月 8日 (金)

突風と雨降り

 突然の大雨、叩きつけるように降るのでした。大気が不安定になっています。各所で時間差で降り続いているのでした。内地では、各地で梅雨明け宣言が出されています。

 突然の真っ黒い雲が出現、突風が吹き出し、と同時に土砂降りとなるのでした。この時期は、地表の温度が上昇して暑くなり、温かい空気が上昇気流となって空に昇る。まあ、これは積乱雲のできる流れだ。今日のは、南からの湿った暑い空気が大量の動いてくるのでした。海の上でも怖いです。突風が吹くのは、恐怖です。短時間でも強風の影響下にあるのは、あまりよい気持ちにはなれないです。西の空をキョロキョロ眺めてしまうのでした。

 例年以上に大気中の湿気を凄く敏感に感じるのでした。温暖化の影響かな。大量に南の海から供給されるからだ。その空気の行き先は、沖縄を経由して九州は本州方面に送られるのでした。記録的豪雨となって降り注ぐのでした。年々、集中豪雨の記録を塗り替えることになるのでした。

 南風が強く吹きつけているので水温は、グングン上昇します。すでに28℃を越えようとしている。様々な生物の稚魚が、卵から孵化し、少しづつ成長しています。群れを形成して自分等の身を守るように生活しているサカナもいれば、小さいながらも単独で生活をしているサカナもいるのでした。水中を覘いて、しっかりと観察したい。まだまだ許可が出ないのでした。たくさんの稚魚の塊に、大きなサカナが突っ込んで刈りをして捕食するのでした。大きなサカナの筋肉の軋む音も聞こえるのでした。

 平成23年6月22日発表。ダイビング安全対策マニュアルの発刊について http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=232&id=24710&page=1  ようやく沖縄県の観光振興面でのダイビング活動の安全安心を推進するための第一歩を歩み出したという感じです。宜しくご確認のほど、お願いします。

 オランダのある企業が検証した映像がありました。タイトルは「Lynx Helicopter Operating Limit Development 」とありました。とりあえず、映像を見てください。 http://www.youtube.com/watch?v=bC2XIGMI2kM&feature=player_embedded#at=27

 国際蘇生連絡委員会(ILCOR)による2010CoSTRに基づいて作成した救急蘇生のためのガイドラインの暫定版(日本版)ここからダウンロードできます↓ http://www.qqzaidan.jp/jrc2010.html

|

« フランク・キャプラ監督作品 Mr.Smith Goes to Washington | トップページ | ホットスポット »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。