« さて、台風11号の行く先は | トップページ | 阿嘉で研修 »

2011年8月27日 (土)

夏休み最後の週末だ

 週末の土曜日だ。台風11号の動きは判りづらい。フィリピンと台湾の間のバシー海峡辺りでストップしているように見える。北上よりも徐々に西寄りに動いているのだろうか。太平洋高気圧の縁に沿って動いているのだろうか。夏の台風の迷走は、当たり前なのだ。やきもきするのでした。

 離島では台風対策が始った。沖縄本島の近くの離島では、午前中にダイビングを実施。その後は台風対策に当たると連絡がありました。現在、私の弟子が離島で研修中なのでした。メールにて報告がありました。連絡船は、まだ運航停止にはなっていない。日曜日の午後からは繰り上げ出港となって島は孤立状態となるとのこと。まあ、あとは台風の進行する先が、どこかです。夏休み最後の週末だ。里帰りしていた高校生は、学校に戻るために島を出なければなりません。逆に島で仕事する人は、戻らねばならないのでした。それぞれのタイミングを逃すと場合によっては3日とか4日は何もできない状態になるのでした。

 台風シーズンでは、定期航路しかない島の場合は、台風が近くに居なくても波浪の状態で運航停止になることがあるのだ。最近は、運航状態についてはインターネットにて確認することができるのでした。自分のパソコンにも定期的に運航状態を午前8時過ぎに送信してくれるサービスもあるのでした。

 さて台風11号の行く先は、どうなっているかな。

 これは、ワシントン州(西海岸)で地震が起きたら、大きな被害が日本でも起こりえるという内容の研究結果です。 http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2003/pr20031121/pr20031121.html

 平成23年6月22日発表。ダイビング安全対策マニュアルの発刊について http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=232&id=24710&page=1  ようやく沖縄県の観光振興面でのダイビング活動の安全安心を推進するための第一歩を歩み出したという感じです。宜しくご確認のほど、お願いします。

 オランダのある企業が検証した映像がありました。タイトルは「Lynx Helicopter Operating Limit Development 」とありました。とりあえず、映像を見てください。 http://www.youtube.com/watch?v=bC2XIGMI2kM&feature=player_embedded#at=27

 国際蘇生連絡委員会(ILCOR)による2010CoSTRに基づいて作成した救急蘇生のためのガイドラインの暫定版(日本版)ここからダウンロードできます↓ http://www.qqzaidan.jp/jrc2010.html

|

« さて、台風11号の行く先は | トップページ | 阿嘉で研修 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。