« 雨 雨 雨 | トップページ | ガウディ »

2011年10月15日 (土)

選択肢が乏しい

 週末になったお天気が芳しくないのでした。そろそろ北風襲来の時期だ。北風となると困るのはダイビングポイントの選択肢が乏しくなるのでした。とくにビーチからのエントリーについては、困るのでした。大半がボートダイビング中心に移行したからなのだろうか。一時的に、車が集中することで地元の生活者の生活の邪魔にならないかと心配します。

 北風になると恩納村関係では全面的にダメになるのでした。とくにビーチエントリーの選択肢としての真栄田岬は、地元の管理者が早い段階で中止宣言を出すのでした。こうなると恩納村では北の崎本部のゴリラチョップに大集合となるのでした。今回は、自分が担当している消防学校の学生だん相手。35名にインストラクターと補助の隊員含めると45名を超える大所帯となるのでした。大人数が海岸線を占領することもできないので、場所を選ぶには困るのでした。

 地元で生活している人々の邪魔にならないような場所を探しています。分散して移動できないので、困りものなのでした。全天候型の巨大な室内空間の中で潜れる施設が欲しいのでした。以前に、パリで室内でウィンドサーフィンができるくらいの大きな室内プールがありまよって映像を見たことがあるのですが、沖縄でも全天候型の深場のあるプール施設が欲しいのでした。

 大人数で海岸を使う際には、地元の漁協にも連絡して確認を得る必要があるのでした。駐車スペースの確保。地域住民の迷惑にならないようにも配慮しなければならいのでした。ボートを使える予算があれば楽勝なのだろうが、それはあり得ないのでした。

 トレーニングの最終打ち上げとしての海洋実習が近づいているのでした。この季節は、北風が吹くことを考慮して海洋実習の海域を確保するのですが、大人数が使うとなると選択肢が乏しくなるのでした。

 気象配置図をにらんでいるのでした。

 これは、ワシントン州(西海岸)で地震が起きたら、大きな被害が日本でも起こり得るという内容の研究結果です。 http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2003/pr20031121/pr20031121.html

|

« 雨 雨 雨 | トップページ | ガウディ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。