« ガウディ | トップページ | コールセンター機能 »

2011年10月16日 (日)

何時になったら 秋晴れに

 日曜日です。海は北風のために崎本部方面に移動してのダイビングサービス提供だった。朝早くから知人のサービスは、移動して行った。所要があるので電話したら、移動している途中だった。ご苦労様です。

 今日は、雨降りの予報だったが、終日薄日が漏れていた。沖縄本島周辺では、風波が強くなっているとのこと。沿岸部でも北風の影響があるが、沖合を航行していた座間味からフェリーの乗組員に確認したら、沖縄本島と座間味の間は、結構な強さの風が吹いていると教えてくれました。当分、北風が続くのだろうか。明日からの座間味方面の定期船の運航状態を確認しよう。高速船が止まるとなると風波が強いことを意味するようだ。海洋実習を19日と20日に控えているのでした。

 この時期は、修学旅行が増えます。マリンメニューが組み込まれている場合があります。沖縄で実施される修学旅行が、全て体験ダイビングやスノーケリングを実施するわけではありません。でも、天候悪化のために体験ダイビングが中止になることもあるのでした。自然任せとなるので致し方ないのでした。楽しみにしていた学生さんはがっかりなのでした。

 でも、今年のように梅雨を思わせるような土砂降りは、あまり経験したことがないのでした。それだけフィリピン近海の海水温が高く、海水の蒸発が多いために湿り気たっぷり含んだ温かい南寄りの風が前線に沿って本州方面まで行き着くのでした。北海道では雪の便りが聞こえるのですが、九州から東北方面まで集中豪雨のような雨が降り続くのでした。温かい風と冷たい風がぶつかるので落雷も多く発生するのでした。

 すかっとした秋晴れの空が懐かしいのでした。

 

 これは、ワシントン州(西海岸)で地震が起きたら、大きな被害が日本でも起こり得るという内容の研究結果です。 http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2003/pr20031121/pr20031121.html

|

« ガウディ | トップページ | コールセンター機能 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。