« 潜水事故対策訓練実施  | トップページ | グルクマの群れ »

2011年11月26日 (土)

オペレーティングシステムは

またもや週末だ。時間の経過が早いのでした。風は北よりだ。海辺の近くに出ると肌寒いのでした。この時期は、気象状態が安定する日は長く続かないのでした。週末から不安定な気象状態が続きそうだ。ひと雨ごとに肌寒さを一段と感じる季節になりました。

 11月最後の週末だ。今年も残り一ヶ月となります。あれもこれもやり残したと考えてしまうのでした。残歴を考えると、もっといろんなことができたと思うことしばしばです。時間を有効に使えたのではないと後悔することしばしばです。

 現在は、ウィンドウズ7に慣れるためにマニュアル本を探しているのでした。本屋さんで探しているが、多くの種類が販売されているのに驚きました。コンピュータの性能が進化するにしたがい、それを動かすためのオペレーティングシステムも、進化していくのですが、より視覚に訴えるような形式に切り替わっている。使われている用語を覚え直さなければならないのでした。

 これからは専門的な知識がないとパソコンを使いこなすことができないようなものではなく、視覚的に指示される内容で対応できるようにされるのだろう。インターネット回線を経由したクラウド型のシステムに移行していくのだろうか。これまではワードプロセッサー、エクセル、パワーポイントの3つが主流だが、もっと使いやすいソフトが開発されるのだろう。最近は、手書き文字やイラストをパソコン内に取り込むシステムの開発されています。本来手書きでのアイデアをデジタル化してパソコン内に保存することができるようにもなった。エアーペンなんて商標にもなっている。これが自分には合っているかな。

 キーボードを操作することなく、紙と鉛筆か専用のペンを使って、その動きを確認して文字化したり、図案化したりすることができる。紙に書いたままでは、アナログデータだが、パソコンに取り込んでデジタルデータとなると、その後の管理が容易になるのでした。

 沖縄県発表:平成23年6月22日発表。ダイビング安全対策マニュアルの発刊しました。 http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=232&id=24710&page=1  沖縄県の観光振興面でのダイビング活動の安全安心を推進するための第一歩を歩み出しました。宜しくご確認のほど、お願いします。

 これは、ワシントン州(西海岸)で地震が起きたら、大きな被害が日本でも起こり得るという内容の研究結果です。 http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2003/pr20031121/pr20031121.html

|

« 潜水事故対策訓練実施  | トップページ | グルクマの群れ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。