« パソコン四苦八苦の巻 | トップページ | 喜屋武岬 »

2011年12月10日 (土)

年末はスケジュールが重なるのでした

 寒い朝を迎えました。この冬一番の寒さでした。寒さで目が覚めました。目覚ましが作動する前に目が覚めたのでした。風邪注意の季節に突入です。

 今年も残すところ三週間くらいだ。月曜日以降は会議が連チャンに始まります。いくつかの委員や理事等に就任しているので、時間調整しながらの綱渡り状態で調整してもらっています。もちろん重なる場合もあります。こればかりはどうしようもないのでした。出席できない委員会では、委任状を書いたり、さきに意見を委員長宛に託しておくこともあります。場合によっては代理の方をお願いすることもあります。各種委員会では、事前に資料を送付してくれるので助かります。時間が無駄にならないのでした。パソコンの進化したおかげかな。

 ただ自分は、陸路で参加することができます。離島からの参加者は、場合によっては船舶航路が天候の関係で欠航となると予定の再調整が難しくなります。港で足止めになる場合もあれば、会議が終わったが自宅に戻れないなんてこともあるのでした。場合によっては2日や3日くらい足止めをくらうこともあるようです。自分は、車で移動すれば済むのですが、場合によっては駐車場を探すこともあります。会議の施設の駐車場が狭いなんてこともあるのでした。駐車場を探すのも一苦労することもあります。そんな場合は、遠く馴染みの駐車場を利用、そして会議場まで歩くこともあります。

 那覇市内は、丁寧に探すと駐車場が沢山あります。有料も無料もあります。ただ進入する道筋や立体駐車場の場合は、行き交うスペースがギリギリの設計になっているので、利用する際は、ライトを点灯しています。行き交う車に注意を促すことができます。狭い回廊は車線をはみ出して来る車が多いのでした。

 月曜日からの段取りを再確認して時間のロスがないようにします。

 沖縄県発表:平成23年6月22日発表。ダイビング安全対策マニュアルの発刊しました。 http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=232&id=24710&page=1  沖縄県の観光振興面でのダイビング活動の安全安心を推進するための第一歩を歩み出しました。宜しくご確認のほど、お願いします。

 これは、ワシントン州(西海岸)で地震が起きたら、大きな被害が日本でも起こり得るという内容の研究結果です。 http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2003/pr20031121/pr20031121.html

|

« パソコン四苦八苦の巻 | トップページ | 喜屋武岬 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。