« 真栄田岬でも鯨の声が聞こえます | トップページ | 模型作り »

2012年1月15日 (日)

センター試験

 日曜日、さあ洗濯だぁって。あれ風向きがおかしいぞ。午前中は南寄りの風が吹いているのではありませんか。気象レーダーを確認すると台湾付近まで長く延びた雨雲を確認することができました。まだ沖縄本島にはかかっていなかった。

 1時間くらい干していたが、突然の雨音だ。部屋に取り込むことになるのでした。ベランダが南に面しているのでした。この時期の風向きとしては、珍しいのですが、海洋性の気候なので、何でもありなのでした。

 北風だと空気中の水分が乾燥状態になるのですが、南風はたっぷりと湿気を含んだ空気を運んで来るのでした。

 大学受験のセンター試験が、この土日で実施された。知人のご子息も受験したとのこと。すでに私学の推薦試験に合格済みとのこと。しかし、このセンター試験で毎回のトラブルが発生。英語のリスニング用のICレコーダーのトラブル。今年も試験会場への配送ミスがあったとのこと。最初の頃は、ICレコーダーの性能が不安定になっていたり、故障したりだ。今回も出ました配送ミスだ。また筆記試験問題の印刷ミスだったりと。国家の威信をかけてのセンター試験のはずが、なんたるミスの連続。同じようなミスが続くが改善されていないのだ。

 それぞれに責任者がいるはずだが、同様のミスが連続している。結局は、誰も責任を取っていないのだろうか。同じミスが続くのは、組織的な欠陥があると思う。改善しようとの動きは、どうなんだろう。

 少子化の影響は、大学経営に大きな影響が出ている。すでに学校教育の中で、子供の数が減っているのでした。現在は、一クラス35人定員かな。自分が小学生の時は、一クラス50名を越えていた。小中高と大人数の中での教育を受けた。教室の大きさは変化ないと思うが、机がびっしり教室の後ろまで並べられていた。常に大人数の中での教育だった。

 少子化で高校や大学への定員割れを起こしている。学校の定員が少なくなって、学校経営自体が成り立たなくなっている現状もあるのでした。学校の淘汰が始まっているのでした。成人の日関連ですが、センター試験のずさんな管理の一端が露呈しているのでした。

 沖縄県発表:平成23年6月22日発表。ダイビング安全対策マニュアルの発刊しました。 http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=232&id=24710&page=1  沖縄県の観光振興面でのダイビング活動の安全安心を推進するための第一歩を歩み出しました。宜しくご確認のほど、お願いします。

 これは、ワシントン州(西海岸)で地震が起きたら、大きな被害が日本でも起こり得るという内容の研究結果です。 http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2003/pr20031121/pr20031121.html

|

« 真栄田岬でも鯨の声が聞こえます | トップページ | 模型作り »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。