« 風評被害に発展か | トップページ | 漢那で潜りました »

2012年3月31日 (土)

3月末日

 朝は南寄りの風だったが、午前8時過ぎから前線が沖縄本島を南下した。カジマイした。途端に北風と雨の洗礼だった。一挙に冬モードに突入した。

 3月末日、明日からは新学期の始まる4月だ。エイプリルフールでもあります。明日のイギリスの朝刊とBBCの放送が楽しみだ。といって時差の関係で日本よりも1日くらい遅いかな。まあ、楽しみに待とう。どんなジョークが出るか。

 ブラックユーモアの判る世界が羨ましい。日本だとブラックユーモアが言えない状態になっている。ますます、バッシング傾向になっているように思えるのでした。

 3・11以来、地震と津波の予測に大きな変化が出ている。これまでは地震については、過少評価されてきたかのようだったが、震度6とか7とかの大きな揺れが想定されるようになった。津波も大津波で20mとか、30mとかの予想が出るようになった。震源地も一か所ではなく連動するという発想が加わった。これは過去の歴史上の地震考古学の研究成果も加味されたのだろうか。

 学会、とくに日本の場合は、老害が多い。いわゆる年功序列の世界が待っているのでした。どんなに優秀であっても、年功序列には勝てないのだ。中には優秀な若手を潰しにかかることもあるのでした。料簡が狭い学者さんがいるのでした。露骨に潰しに出ることもあると聞きます。御用学者の存在も危ういこともあるのでした。原発の被害が甚大に推移してしまったのは典型的な事例になるのだろう。

 原発事故の、その後の放射能汚染の問題は、深刻だ。一般人も、もう騙されないぞと情報収集能力のアンテナ感度を最高レベルにしているだろう。ましてインターネットでの情報収集は、日本国内のみならず世界中から可能となっている。情報収集のみだけでなく発信も同時進行でできるのでした。

 ある学会の開会式の最初に45歳以上の方は、この学会から脱退することを勧告されたことを聞いたことがあります。今でも、同様に考えている。まあ自分も完全にレンジアウトしている年齢だ。完全にレンジアウトでしているのでした。

 沖縄県発表:平成23年6月22日発表。ダイビング安全対策マニュアルの発刊しました。 http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=232&id=24710&page=1  沖縄県の観光振興面でのダイビング活動の安全安心を推進するための第一歩を歩み出しました。宜しくご確認のほど、お願いします。

 平成24年4月以降から稼働する準備をしています。沖縄県リゾートダイビング事業連合会のホームページを紹介します。   http://www.oki-ford1.com/   乞うご期待ください。

|

« 風評被害に発展か | トップページ | 漢那で潜りました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。