« 山岳事故の背景は | トップページ | 教育ありき »

2012年5月 7日 (月)

連休が終わったぁ

 長い連休明けの月曜日。感覚的には、お疲れモードの中の月曜日だった。緊張状態が続いた連休でもありました。今回は、連休が4月と5月の二つの山に分散したので、人の流れに予想がつきにくかったのでした。4月よりも5月がゲストダイバーからの予約が多く感じているが、最終日の5月6日の日曜日は、移動日に当たるので実施は5月5日の土曜日までが忙しかったようです。

 結果的には5月に1日と2日はお休みを取って9日間の連続的な休暇を取る場合が多かったようです。長期休暇では沖縄はダイバーさんからの予約は減少したかと思います。沖縄では長期休暇の場合は、海外にゲストの方が出て行ってしまう傾向があるのでした。おまけに今年から格安航空会社(LCC)が日本と海外を結ぶ路線が就航したことも影響するかな。

 内地のダイビングツアー専門の旅行社の知人からは、まだまだLCCが就航している地域では、直接ダイバーさんに影響が出ないだろうとの分析データがあるとの話を受けたことがあります。今後は、まだまだLCC関係の路線と航空会社の参入があるので、これからは沖縄も競合路線となることが十分に考えられるのでした。

 那覇空港では、連休初日の最終便で、こんなことがあった。那覇空港が夜間の滑走路の補修点検を実施した。完全に空港閉鎖して実施される。その工事開始時間に遅れること10分だったが、那覇への着陸ができなくなったので、お隣の嘉手納空軍基地への着陸となったのでした。嘉手納空軍基地は、3000m級の滑走路を持っているが、敷地内は外国扱いとなりす。そのために2時間以上も滑走路に着陸したままで、機外に出ることはできないのでした。再び那覇に向けて離陸するまでの2時間を超える時間を、機内での拘束状態となったとのことでした。

 那覇空港へは午前1時過ぎに着陸となったのでした。こんな災難にあった方々は二度と沖縄への旅行はしないぞと心に誓ったかもしれないのでした。もっと融通を利かせればと思うが、なかなか実現できない項目でもあるのでした。

 

 ★運輸安全委員会ホームページはこちら           http://www.mlit.go.jp/jtsb/index.html を参照してください。

 沖縄県発表:平成23年6月22日発表。ダイビング安全対策マニュアルの発刊しました。 http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=232&id=24710&page=1  沖縄県の観光振興面でのダイビング活動の安全安心を推進するための第一歩を歩み出しました。宜しくご確認のほど、お願いします。

 平成24年4月から稼働しています。沖縄県リゾートダイビング事業連合会のホームページを紹介します。   http://www.oki-ford1.com/   乞うご期待ください。

|

« 山岳事故の背景は | トップページ | 教育ありき »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。