« 給水制限は・・・・・ | トップページ | 体験ダイビングでした »

2012年5月26日 (土)

学習能力 懲りない

 太陽こそ出ていなかったが、雨も降らない土曜日でした。暑くなるかなと覚悟していたのですが、部屋の中は風通しがよいために涼しい感触だった。少しづつ冬物を片付けて夏物に替えています。部屋が狭いために大胆なことはできないのでした。まだまだ南よりの風が弱いために風が吹くと肌寒さを感じるのでした。

 ガイドさんからは潜り終わってボートでは、まだまだ港に戻るまでは寒いと言ってました。本格的な夏に向かって季節が、少しづつ変化しています。水温は、まだ25℃くらいまでです。6月中旬から南風が強くなって水温が一気に上昇し始めます。真夏の30℃近くまで水温が上昇します。温暖化に拍車がかからなければと思います。

 地球の温暖化か、寒冷化については不明な点が多い。これまでの定説というか一般的な見解としては空気中の二酸化炭素量が多くなり、それが地球の温暖化の一因になっているとこと。かつての恐竜が生存していた時代では、恐竜が排出するゲップやオナラ等が温暖化に拍車をかけたという。現代では、恐竜は絶滅しているが、牛がその変わりとなっています。反芻する胃の中で発生した二酸化炭素がゲップとなって放出されていると。

 でも、今年になってから寒冷化の傾向も見られるのではとの意見も出始めています。アイスボール。地球全体が氷の下に埋まってしまう。地球全体が氷の世界になってしまうのでした。かつての地球でもアイスボール状態になったことは記録されています。全ての生物が凍ってしまうこともなく、地底奥深くの土中に潜んでいる生物もいるようだ。自分等の概念としての生物というよりは顕微鏡の世界の大きなの生物だ。

 生物の多様化の中、細胞レベルから人間のように高度な知能を持った生物まで。粘菌の一種を使って迷路を短時間にクリアして通過する実験があった。知能の概念も変わる可能性もあるのでした。学習しますが、人間の一部では学習しない人々もいるのでした。同じ過ちを繰り返すのでした。この方々は懲りないだろうなって。

 沖縄県発表:平成23年6月22日発表。ダイビング安全対策マニュアルの発刊しました。 http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=232&id=24710&page=1  沖縄県の観光振興面でのダイビング活動の安全安心を推進するための第一歩を歩み出しました。宜しくご確認のほど、お願いします。

|

« 給水制限は・・・・・ | トップページ | 体験ダイビングでした »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。