« 北風の洗礼だ | トップページ | 5月5日 山岳事故 »

2012年5月 4日 (金)

頑張ってくださいね

 今日は終日、薄曇りだった。北寄りの風が続いている。ファンダイビングは前兼久漁港から出港。体験ダイビングは陸行で崎本部方面だ。完全に陸行組は完全に渋滞が続いている中での移動となったとの報告でした。体験ダイビング組は、ご苦労様でした。

 連休中は、交通渋滞の覚悟が必要です。日常的には渋滞は、あまり起きないのですが、連休は渋滞の覚悟をしなければならない。あまり渋滞情報が放送されないのでした。内地では日常的に渋滞情報が流れているが、沖縄本島では、朝と夕方に渋滞があるが、交通事故渋滞は、時折発生しているのでした。今回は、6kmくらいの渋滞が続いた。許田だけでなく、手前の宜野座のインターチェンジでも渋滞が発生していたとのことだった。

 北部方面となると沖縄海洋博記念公園の美ら海水族館、それに古宇利島方面に集中しているのかもしれないです。あまりお天気が良くなかったので、美ら海水族館の一人勝ちかな。

 尖閣諸島では、中国の漁業監視船が二隻、日本の領海の外側ギリギリの水域にまで侵入しているのだ。短時間の侵入だったが、今回は2日以上たっても現場海域に留まっているのでした。完全に威圧的な対応をしているが第十一管区海上保安本部も踏ん張っている。政治情勢が不安定になったいる日本に揺さぶりをかけてきているのでした。

 他管区からも応援に尖閣方面を哨戒パトロールしている。もっと大型の巡視船を強化して、集中的に警戒配備につけるようなローテーションを組む必要があるのかもしれない。尖閣諸島にテレビカメラを設置して24時間の監視体制を立ち上げる必要もありそう。国内は、大型連休で物見遊山が盛んだが、そんなのんびりした生活を、見えない遠隔地で外敵の侵入を防止するために活動している人がいることも忘れてはならないのでした。

 

 ★運輸安全委員会ホームページはこちら           http://www.mlit.go.jp/jtsb/index.html を参照してください。

 沖縄県発表:平成23年6月22日発表。ダイビング安全対策マニュアルの発刊しました。 http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=232&id=24710&page=1  沖縄県の観光振興面でのダイビング活動の安全安心を推進するための第一歩を歩み出しました。宜しくご確認のほど、お願いします。

 平成24年4月から稼働しています。沖縄県リゾートダイビング事業連合会のホームページを紹介します。   http://www.oki-ford1.com/   乞うご期待ください。

|

« 北風の洗礼だ | トップページ | 5月5日 山岳事故 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。