« 日曜日のログ | トップページ | 台風対策  »

2012年6月 3日 (日)

台風3号の動き

 6月最初の日曜日。天気予報は終日、雨との情報だったが、曇り空で降雨はなかった。ラッキーでした。明日の4日は、あいにくの台風3号が接近するかもとの予報となった。沖縄本島の東側を通過して北上する経路が紹介されている。ってことは沖縄本島は東風の洗礼を受けることになります。あとの心配は、どれだけの雨雲を引きずってくるのだろう。

 この時期の台風は、偏西風の影響で沖縄本島の東側を通過します。速度も比較的早く通過していきます。夏のように迷走することはないと思います。ただ太平洋高気圧の張り出し具合で、北上できない場合もあるのでした。そうなると沖縄と九州の間で迷走状態になるかもしれないのでした。昨年は5月に台風接近の記録があります。

 夜の段階では、港のダイビング船および漁船は、平常の状態で係留されたままだ。台風対策をとっていないのでした。沖縄気象台は、台風が西よりに来れば沖縄本島は暴風圏に入るかもしれないとのこと。現状では、沖縄本島の東側を海岸線から離れた水域を移動することになりそうだ。大東島方面を通過することになるようだ。

 週明けに台風が接近するが、大きく予定が狂うこともなさそうだ。あっさりと北上してくれると予想しています。太平洋が荒れるが、東シナ海側は大きく荒れることもないので助かります。恩納村では東シナ海側が荒れなければダイビングは可能になるのでした。

 気象レーダーの映像を追跡して、大きな雨雲の動きに注意します。あとは風向きには敏感であらねばならないのだ。

 沖縄県発表:平成23年6月22日発表。ダイビング安全対策マニュアルの発刊しました。 http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=232&id=24710&page=1  沖縄県の観光振興面でのダイビング活動の安全安心を推進するための第一歩を歩み出しました。宜しくご確認のほど、お願いします。

|

« 日曜日のログ | トップページ | 台風対策  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。