« また冬に戻りました | トップページ | GoPro進水式でした »

2013年2月 9日 (土)

やってしまった 二枚のDVD アイアン・スカイ

 通信販売が盛んだ。自分もア○ゾ▽での発注が大半を占める。やってしまったのだ。何をかって。はい、それはDVDの二重発注だった。インターネットにて発注する際は、最後に確認のためにチェックすることが要求される。最近公開されたばかりの「アイアン・スカイ」です。ア○ゾ▽からの発注確認のメールが続けて二通来た。あれ、何で二通来ているのかって。最初にクリックしたのは、昨年の12月、まだ公開前だったので予約販売をクリックした。のが間違いだったのかな。とりあえず二枚来た。

 この映画は、メジャーな映画会社が作成したのではなく、SF大好きな映画人が集まり、インターネットを通じて資金提供を呼び掛けて完成した。内地では映画館でも公開されたのかな。内容は第二次大戦末期にナチが月に逃げ出し。月に基地を作り、いつか地球征服を計画している。国際政治のパロディ化。ヨーロッパ人の考えなのだろう。制作はフィンランド、ドイツ。それにオーストラリアという異色の組み合わせだ。CGを駆使した。どれくらいの反響があったのだろうか。その結果を知りたい。

 93分の映画だ。公開記念版の豪華セットは、数量限定でのインターネット予約販売だったが、すでに予定数量は完売済みだった。どうしても月面や宇宙空間をバックにしているので全体的には暗い画面構成となっている。プロパガンダ映画として、手法を変えればプラスにもマイナスにもなる。面白い作り方だ。数多くの映画のパロディシーンが登場する。独り言を書きながら、二回も再生してしまったのでした。一回目は、日本語吹き替えとオーディオコメンタリー付きでも見た。インターネットでの動画が見れる時代の寵児かもしれない。

 低予算で作られた映画。「アイアン・スカイ」面白かった。

|

« また冬に戻りました | トップページ | GoPro進水式でした »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。