« 水温が冷たいです。 | トップページ | 海洋生物も沢山 »

2013年4月28日 (日)

連休2日目 晴れ間が広がっています。

 連休の2日目。沖縄県内は概ね晴れ間が広がっています。風は東寄りです。風は、相変わらず肌寒いです。ダイビングサービスも本格的に稼働し始めています。ただ、この肌寒さはスタッフにとっては厄介です。風邪でも引いたら大変です。内地からのダイビングのお客さんは、今日から潜り始めています。潮汐の差が激しい日でもあります。

 今日からガイドさんは、3本や4本、場合によっては5本も潜ることになる。一挙に身体の残留窒素量が倍増することになる。とくに、水温が低めに推移しているので体内に蓄積される窒素量は多くなる可能性がある。また、気温も低めで体調が万全でなかったりと窒素が排出されにくい状況になっているのでした。今年は、連休が短めになっているので安近短として沖縄でのダイビング需要が高まっているかもね。

 那覇市内でダイビングができる施設が開業しました。昨日の午後から一般に開放されました。ニュースでも報道されています。開業準備で、調査ダイビングしたら、レアもののサカナさんが確認されています。以外にも、ニシキテグリの群生を発見したとのこと。これまで自分もニシキテグリを見るためのダイビングをしたことがありましたが、まさか都会のど真ん中の岸辺で発見されるとは。びっくりでした。

 慶良間諸島で産卵したサンゴの卵が流れて来て沖縄本島に流れ着くことが判っています。漂着したサンゴの卵が、そのまま那覇近郊の海で着床してサンゴが定着。定着する率を高めることができるとサンゴの群生が那覇沿岸でも当たり前になるのですが、これまではサンゴの被度が低いままに終わっているのでした。これから頻繁に水中で観察を継続することでサンゴを観察することができるのでした。

 一般市民が海に親しむ機会が多くなればと思います。

|

« 水温が冷たいです。 | トップページ | 海洋生物も沢山 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。