« 池袋でマリンダイビングフェア始まる | トップページ | 爆弾低気圧 午前 真栄田岬 午後 レッドビーチ »

2013年4月 6日 (土)

爆弾低気圧 全国で影響深刻

 爆弾低気圧。この春先に聞く気象用語だ。恩納村でも午前中から荒れ模様となった。今日と明日は、春休みの最終週末になっている。内地からのダイビングサービススタッフも日曜日に内地に戻ることになっている。何とか午前9時便が一本だけ眞栄田岬洞窟方面に出航できた。風廻りが始まったので、午前一本だけで出航停止とした。午後からは金武町のレッドビーチにポイントを変更した。北部の崎本部方面では南寄りのウネリが残っている可能性があるので、レッドビーチとした。午後からはマクロ系の観察モードに切り替えてガイド、定点観察しているカミソリウオのペアも確認することができたと報告がありました。

 ダイビングサービスとしては、週末なのでそれなりの仕事を抱えています。まして、この週末は東京の池袋にありますサンシャインシティにて水中造形センター主催のマリンダイビングフェアーが開催されています。恩納村を含めて県内各地のダイビングサービスから関係者が出席しています。そのために恩納村周辺のサービスでも、ダイビング船への乗り合い予約が多かったようです。でも、今日の爆弾低気圧の影響を考えると恩納村の前兼久漁港と眞栄田岬でのダイビングが選択肢となったのだろう。

 午前10時くらいに前兼久漁港の船着き場に立ち寄った際に、風も南から南西に変わりつつあった。おまけに雨降りは、土砂降りとなっていたのでした。9時便がダイビングを終了して接岸するところでした。南風が強いので注意して接岸しないと船尾から風で押されると誠に危ないのでした。

 内地では強風のために軒並み、飛行機が飛べないかったり、目的地変更を余儀なくされたのでした。週末で、仕事や帰省客が空港で足止めを喰らった。また、雨も短時間に50mmとか80mm近くも降ったので河川が増水。なかには避難勧告が発令された地域もあるのでした。この低気圧は速度が遅いので明日の日曜日まで影響が残るとされています。

|

« 池袋でマリンダイビングフェア始まる | トップページ | 爆弾低気圧 午前 真栄田岬 午後 レッドビーチ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。