« マクロ系観察でした | トップページ | 価格帯の違うレストラン比較 »

2013年5月12日 (日)

深夜の地震 

 朝起きてFBをチェックしていたら地震があったとのことだが、自分関係では二名の方が話題にしていた。が、自分は仕事をしていたが気付かなかった。気象庁のHPの地震情報を確認したら、確かに地震がありました。

 原文そのままを転載させてもらいます。≪平成25年05月12日01時23分 気象庁発表 12日01時19分頃地震がありました。震源地は沖縄本島近海(北緯26.4度、東経127.8度)で、震源の深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は2.4と推定されます。各地の震度は次の通りです。なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。沖縄県  震度1  西原町嘉手苅*≫でした。地域限定の地震だったのだろうか。沖縄では地震計の設置個所が少ないのだろうか。

 本州では、大規模地震が実際に発生して、観測網の充実を図っている。が、沖縄ではまだまだのようだ。沖縄みたいな島嶼地域では、海底に東西南北に分けて海底地震計を設置して、早急に観測網を確立する必要がありそうだ。琉球弧に沿ってでも観測機器を配置して欲しいのでした。

 瞬間的な突き上げが一回あったようだ。でも、それ以上の揺れはなかったとのこと。いつもは、何故か地震の前に目が覚めるのだが、今回は仕事をしていたが揺れは一切感じることはなかった。大きな揺れでなくてよかったとホッとしています。沖縄での地震、それに伴うかもしれない津波。地震と津波は、常にセットとして起きると覚悟しておくべきですね。予想として、地震発生後に極めて短い時間に津波の襲来が予想されるのでした。その極めて短い時間って、10分とか20分とか、咄嗟の判断が必要なくらいの時間しか余裕がないのでした。

|

« マクロ系観察でした | トップページ | 価格帯の違うレストラン比較 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。