« 風邪薬の飲み方注意 危なかったようです。 | トップページ | 肌寒い真栄田岬洞窟前 ウミウシウォッチング »

2013年5月 4日 (土)

連休中日 渋滞が続いている

 薄曇りの恩納村です。ラジオからは北部方面の許田と宜野座の料金所の渋滞と沖縄自動車道での事故渋滞と、普段とは違う方面での渋滞となっています。連休の渋滞前に北部方面での仕事を終えたので、渋滞に巻き込まれることはない。北部方面での時期的な交通渋滞は、地域住民にとっては迷惑なのだろうなって。

 今年になって北部の海岸線を走る道路も拡幅工事も終わり、少しは交通渋滞の緩和に役に立っているのだろう。名護市を通過することになるが、逃げ道は、許田に向かう58号線、辺野古経由の宜野座方面に抜ける329号線、この二本の道しかない。許田まで 来ると沖縄自動車道と58号線と分岐となる。恩納村では渋滞が解消されるようになったと言われるが、問題は恩納村の商店や飲食関係への利用客が減少しているとのこと。渋滞による移動の際の時間的なロスと燃料の浪費も問題。排ガスでの大気汚染も問題になるかな。

 観光拠点としては、海洋博記念公園の美ら海水族館、古宇利島へ通じる古宇利大橋等の観光施設と風光明媚な場所。ビーチかな。あとは、それぞれの地域の道の駅にある地元産の新鮮な野菜や果物、本部町のカツオ等の買い物がてらの観光と家庭サービスかな。運転手役のお父さん、ご苦労様です。お疲れ様です。

 大学生の事故が起きた。長野県にある野尻湖でだ。何が起きた、水温5度の湖に飛び込んだ学生が溺れたとのこと。何で水温が低い湖で泳いだのだろうか。ニュースでは、大学の所属している吹奏楽部の伝統行事だったとのこと。水温5度。一瞬にして冷た い水温の影響で呼吸ができなくなります。いくら伝統行事だからって、5度の水温での生存率は極めて低いことは理解していないのだろうか。

 集団心理が働いたのだろうか。亡くなられた学生さんのご冥福をお祈りします。二度と同じような事故は起こさないようにして欲しいのでした。

|

« 風邪薬の飲み方注意 危なかったようです。 | トップページ | 肌寒い真栄田岬洞窟前 ウミウシウォッチング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。