« 安近短 | トップページ | ホウレンソウ料理 昔の思い出 »

2013年5月 8日 (水)

天野祐希さん 軽い心筋梗塞で入院

 ダイビングサービスでは、こんな戯言があります。「天気は晴天、海はベタ凪、でもお客さんがいないのでした。」まさに今日は、そんな感じの一日でした。港も一昨日までの喧騒は静まり返っていました。スタッフさんも週末まで、身体のメンテナスとリフレッシュでお休みです。

 夕方のニュース。女優の天海祐希さんが心筋梗塞のために舞台を降板するとの内容だった。天海さんは45歳。働き盛りのベテラン女優さんだ。映画やテレビ画面を通してみたことがありませんが中肉中背というか、私のようなおデブ体質ではないようだ。体型には関係ないのかも。

 そもそも「心筋梗塞」とは、動脈硬化や血管内のプラークと呼ばれる脂肪などの固まりが破れて血栓ができ、冠動脈が完全に詰まって心筋に血液が行かなくなった状態を心筋梗塞と呼びます。冠動脈は心臓に酸素とエネルギーを供給するための重要な血管なのです。情報としては、「軽い心筋梗塞」となっているってことは、冠動脈に栓塞が発生したことを意味するのでした。一週間から10日は安静状態での経過確認と専門の治療となるのだろう。

 動脈硬化と血管内のプラークの問題。自分等の年齢とのなると、日常生活や食習慣の問題も時限爆弾を抱えているようなものかもしれない。アルコール、西洋型の食生活等が問題になる。また、ストレスの問題も影響を与えるかもしれない。プラークの問題は、血管内にきれいにするしかない。でも、一気に排除するとなると剥がれたプラークが詰まることがあり得るのだ。

 慎重に治療を行う必要があるのでした。年齢や体格にも関係なく起こり得るのだろう。健康診断としては循環器系と脳系は必携だ。自分は、6月に肺の検査が待っているのでした。

|

« 安近短 | トップページ | ホウレンソウ料理 昔の思い出 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。