« 連休 子どもの日  | トップページ | 安近短 »

2013年5月 6日 (月)

連休最終日 あと一日欲しいのでした

 あと一日欲しいって思うのですが、現実は明日からお仕事ですね。世の中の大半の方々は家族サービスで大忙しのことと存じます。ダイビング関係では、昨日と今日の夜は、ゲストさんとの打ち上げパーティで気が抜けないかもしれないですね。サービスによっては、明日からも当分の間、ゲストダイバーさんの予約が切れないかもしれないですね。ご苦労様です。

 今年は、沖縄本島近辺では海水温が上がっていないようです。そのためというかウミウシの映像紹介が多いです。また、GW中に西表島からダイバー憧れの的のジンベイザメに遭遇することができたとのニュースが飛び込んできました。今日は、久米島からもジンベイザメ出現情報が飛び込んできました。沖縄本島からは渡名喜や粟国方面までの遠征ダイビングツアーのニュースがバンバン、飛び込んできました。昨年までは、このGW期間中はケラマ方面でのダイビングが多かったのですが、今年は遠距離の遠征が多かった。天候が安定していたからかな。大きく荒れることはなかった。気温は涼しい限りでした。

 沖縄本島にトムクルーズが出現した。知人がサインをもらい、FBにも投稿していた。一瞬、沖縄のトムクルーズのそっくりサンかなって映像をマジマジと眺めたら本物だった。存在の裏付けは、全国ネットでトムクルーズが映画の宣伝をかねて沖縄経由で羽田に降りたって。びっくりでした。トムは前日の5日に沖縄に来たようでした。

 ようやく、日本にも病院船を作ろうって気運になったようだ。太平洋戦争中までは帝国海軍や陸軍に病院船が存在していたが、戦後は病院船の建造は皆無だった。近年は大規模災害が多発するようになった。場合によっては地域の拠点の医療機関も災害に巻き込まれる可能性が出ています。日本の造船技術を以ってすれば理想的な病院船が作れるとは思うが、最終的に運用するセクションを、どうするか。自衛隊なのか、それとも海上保安庁なのか。新規に作るのではなく、民間船や巡視船を想定しているとのことだ。是非とも、一隻とは言わず、二隻か三隻くらい作って欲しいのでした。造船不況も吹き飛ぶのではないか。

 空母型か強襲揚陸艦型の船体構造が必要かと思います。

|

« 連休 子どもの日  | トップページ | 安近短 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。