« 充実した学会でした。 | トップページ | スノーケリングを教えてステイタスは »

2015年11月15日 (日)

沖縄に戻ります。

 日替わりの宿泊、最終日は羽田空港の国際線ビル内にあるホテルに宿泊だった。幸いにもチェックインした際に空港滑走路側に面した部屋が確保できたとのことだった。行く先々で、乗り継ぎ路線の確認。完全に”御上りさん”状態なのでした。切符を見せて、目的の場所を教えてもらった。今回は、羽田空港からJR線に乗り継ぐまでは京急線に乗った。何十年ぶりかな。10年とか20年ぶりだった。品川駅では、一名が迷子状態になったが、なんとか合流し、前橋に向った。帰路は、土砂降りの中、学会会場からタクシーで移動した。あっと言う間に新前橋駅に到着。

 高崎まで上越線で移動。高崎駅にて新幹線の座席指定を変更しもらった。二階建ての新幹線で東京へ。土曜日の夕方なので、二階席は満席状態。逆に一階はがら空きだった。終着駅の東京まで、新庄早稲田辺りで記憶がなく、気づいたら上野を出発、ちらりと外を見ると日暮里を通過していた。東京駅の新幹線ホームから在来線に移動。人の流れに乗りながら京浜東北線まで、浜松町まで。あとはモノレールで国際線ビルにて降車。

 国際線ターミナルビルに入るが、国際線の航空会社のカウンターがズラリ、多くの外国人に囲まれながらホテルを探す。モノレールの駅員さんにホテルへの行き方をパンフレットをもらって説明を受けた。イザ、ホテルへ。それでも一瞬戸惑いがあった。出国手続きに長蛇の列。人の流れをかき分けてホテルに向った。チェックイン完了。セキュリティの関係でエレベーターもカードを所定の位置で提示して行先階のボタンを押す方式だった。キーレスエントリー方式なのか。

 何とか部屋に到着。滑走路が丸見えなのでした。全然、航空機のエンジン音がうるさいこともなく快適だった。風呂場は、滑走路に面している。パーテションで外の景色を遮って湯船に浸かった。外からは丸見えなのだろう。きっと。木の香りのするお湯が気持ちよかった。

チェックアウト。国内線の第一ビルに到着。ホテルから出てモノレールで移動。10分以内に空港カウンターのチェックイン。藤村時代の教え子が子どもを連れて会いに来てくれた。そう、25年ぶりかな。電車の行程を調べてくれた優さんでした。自分が藤村を退職した時は高校生だったかな。すでに40代のお父さんになっていた。多くの人、大学にも感謝しています。学会への出席と演題発表せよとのお達し。ありがとうございました。雨の中、これから沖縄に戻ります。

|

« 充実した学会でした。 | トップページ | スノーケリングを教えてステイタスは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。