« 晩秋の季節となった | トップページ | 演題発表です。 »

2015年11月12日 (木)

前橋に到着

 朝から珍道中だった。自分は未知の場所に行くと言うのが苦手だ。群馬県の前橋に行くのだ。えぇぇ前橋って群馬でしょ。生まれ故郷は新潟だろうって。はい、そうですが、上越線か信越線では高崎は通過します。高速道についても高崎かな。群馬県では県庁所在地が高崎ではなく前橋なのだ。

 寝坊したら大変とばかりに寝入ったのだが、実際は4時半くらいから目が覚めた。いつもだと二度寝が得意なのですが、結果的には目を閉じただけだった。6時30分に起床のベル。空港に向かう準備。沖縄自動車道で移動だ。沖縄自動車道の南風原線の終点までは渋滞ゼロだった。糸満警察署前辺りから渋滞になって寸刻みの動きなった。予定した時間内に空港の駐車場に滑り込んだ。ラッキーにも満車状態ではなかった。

 チェックインして、26番スポットにて琉大、南徳の関係者と偶然にも合流した。一挙に大人数での移動となった。自分はかつての教え子に羽田空港から前橋駅までの往復の列車の行程を組んでもらった。この資料が役に立った。品川駅の「みどりの窓口」にて座席指定を含めて五名のチェックインとチケット購入。完全におのぼりさんスタイルになっている。新幹線に乗って駅弁を食べながら、あれこれ。優さんに感謝です。四名は高崎駅にて降車、自分は学会のある前橋まで移動した。前橋の駅舎、二つあることを知った。新前橋駅と前橋駅だ。自分が取った宿泊先は、旅行社の勧めだった。実は学会のあるホテルは、新前橋駅の近く。自分の宿泊施設は前橋駅の近くだった。タクシー代は1340円だった。伊豆と東京のメンバーからご飯食べようって連絡があった。合流して楽しい食事会だった。情報収集は着々と進めた。

 明日は13日の金曜日。キリスト教徒ではないので、問題ない。明日の夕方に演題発表だ。7分の中5分が勝負時間だ。頑張ります。

|

« 晩秋の季節となった | トップページ | 演題発表です。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。