« 連休二日目 学科講習中 | トップページ | 人手不足だ »

2016年3月21日 (月)

連休終わり スノーケルホルダーは

 三連休が終わります。二日間は晴れ間が広がった。でも、北風が吹いている。外は肌寒い状況だ。3日間連続の講義。座学に専念でした。予定の項目は全て完了した。

 あるダイバーから質問があった。それはスノーケルホルダーの件だった。自分は短髪なので問題がないが、女性だと髪の毛がマスクを外すたびにホルダーに絡み付いてしまうので困るとのこと。昔ながらの丸メガネ状のスノーケルホルダーがないかとの質問でした。自分等は、以前はゴム製のスノーケルホルダーを使っていたが合成樹脂の性能が向上してオゾン劣化しにくい素材が開発されたのでプラスチック製のスノーケルホルダーが標準装備になった。単価は安いものが当たり前だった。

 ゴム製のスノーケルホルダーはオゾン劣化で切れるのは当たり前だった。そのために予備のスノーケルホルダーも持ち歩いていた。それがゴム製からシリコン素材に変わった。素材はオゾン劣化に強くなったが製品は堅くなったのとスノーケルの口径の太さの違いがあるので、取扱いが難しくなった。メーカーはスノーケルの口径にぴったりのホルダーをスノーケルに標準装備するようになった。隙間商品のスノーケルホルダーは、現場から需要が減ったのだろう。

髪の毛を固定する輪ゴム。商品名は「ヘアゴム」ってのかな。スノーケルホルダー替りに使えるのです。手っ取り早く現場で使えるものと重宝して使っていた。当たり前だと思っていたが、女性ダイバーからの素朴な疑問があったことで再度、調べてみた。

 昔ながらの黒ゴム製のスノーケルホルダーが販売されていることが判った。メーカーの担当者に、女性ダイバーのお悩みを伝えようかと思った。とりあえず「ヘアゴム」が代替品として使えることを伝えた。

|

« 連休二日目 学科講習中 | トップページ | 人手不足だ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。