« 核への先制攻撃は | トップページ | スマホ運転辞めて »

2016年3月16日 (水)

北朝鮮での人工地震は

 早朝からポツリポツリと。晴れ間が広がるかなって期待したのですが、ダメでした。土砂降りにはならなかったのが幸いかも。前兼久の港は、卒業旅行の学生さんらしき集団で大賑わいだった。58号線沿いのお店も大賑わいだった。

 北朝鮮で人工地震が観測されたニュースが流れたが、その後はどうなったのだろうか。バンカー爆弾でも落とされたのかと推理したが、違うようだった。一社だけ新聞報道があった。それはダイナマイト2トン以上の威力の爆発だったと。以前の地下核実験ではマグネチュード4程度なので、今回はマグネチュード2程度なので核爆発でもなかったとの結論のようだ。

 一瞬、首領様が暗殺でもされたか。某国が核爆弾の脅威を取り除くためにバンカー爆弾を使って地下施設を破壊したのかなって考えてしまった。小説の読み過ぎだったかもしれない。前日も書いたが、周辺国への脅威となる核装備。実際にそれを使うことを宣言しているから、何とか排除する必要があるようにも思う。

 核装備への捜索隊を編成するとしても、軍内部でも特殊部隊に属することになる。核兵器への知識がないとダメなので、専門教育を施すことが必要だ。兵士自らの安全策も講じた装備で潜入することになるので、それなりの装備となる。身のこなしを軽々とはいかないだろう。放射線防護服と呼吸装置等も必要となる。相当な重量となるので、長時間の装着したまま活動もままならないと思います。

非常に不安定な極東地区と東シナ海、南シナ海ともども、しっかりと情報収集しておかねばならないのでした。

 今日も大学からの帰路は1時間10分程度だった。

|

« 核への先制攻撃は | トップページ | スマホ運転辞めて »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。